ここから本文です

アトレティコの解体は新時代への序章? 英代表DF獲得に160億円投資か!?

5/21(火) 11:00配信

フットボールチャンネル

 トッテナムに所属する28歳のイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの獲得に向けて、アトレティコ・マドリーが巨額オファーを準備しているようだ。20日に伊メディア『フットボール・イタリア』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 今季終了後、フランス代表DFリュカ・エルナンデスとウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが退団。今年6月に契約満了を迎える元スペイン代表DFフアンフランも退団濃厚なため、アトレティコは守備陣を補強する必要があった。同メディアによると、アトレティコはトリッピアーの獲得を目指しており、1億3000万ユーロ(約160億円)を投じる予定だという。フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの移籍金の一部を当てる模様。同選手に関してはナポリも獲得を狙っている。

 トリッピアーは2015年7月からトッテナムに在籍し、今季は公式戦37試合に出場して1得点5アシストを記録。クラブ初のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に貢献するなど、主力選手として活躍している。トッテナムとは2022年6月まで契約を結んでいるが、夏に移籍するのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/21(火) 11:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事