ここから本文です

アーセナル、移籍金ゼロで新守護神獲得へ? 37歳GKの現役引退に伴い補強か

5/21(火) 12:40配信

フットボールチャンネル

 今季限りでドイツ2部のディナモ・ドレスデンを退団する20歳のU-21ドイツ代表GKマーカス・シューベルトに対し、アーセナルが興味を示しているようだ。20日に独紙『ビルト』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 同紙によると、37歳の元チェコ代表GKペトル・チェフが現役引退するのに伴い、アーセナルが新しい守護神の獲得を考えているという。シューベルトは今年6月に契約満了を迎えるため、移籍金ゼロで獲得可能だ。

 シューベルトはドレスデンの下部組織で育ち、2015年7月にトップチームへ昇格。今季は公式戦32試合に出場していた。各世代別のドイツ代表としてもプレーしており、将来のA代表入りが期待されている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/21(火) 12:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事