ここから本文です

川崎F、ACL決勝T進出はならず。快勝で最終節を終えるもグループ3位で敗退

5/21(火) 20:51配信

フットボールチャンネル

【シドニーFC 0-4 川崎フロンターレ ACL第6節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグH組第6節のシドニーFC対川崎フロンターレ戦が21日に行われ、アウェイの川崎Fが4-0の勝利を収めたが、決勝トーナメント進出はならなかった。

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

 最終節を迎えた時点で、川崎FはグループHの3位。2位以内で決勝トーナメント進出を果たすためには、シドニー戦に勝利を収めた上で、同時刻の試合で2位の上海上港(中国)が引き分け以下に終わることが必要だった。

 シドニーFCはすでにグループ敗退が決まっており、2日前に国内のプレーオフ決勝を戦って優勝を決めたばかりということもあって主力を大幅に温存。トップチーム初出場の若手も含めたメンバーで臨んだ。

 川崎Fは序盤からシドニーFCを圧倒し、一方的にチャンスを生み出していく。早くも前半9分には脇坂泰斗の狙いすました右足ミドルがゴール右隅を捉えて先制点を奪った。

 さらに前半20分、右サイドのマギーニョからのグラウンダーのクロスを田中碧が巧みにスルーし、再び脇坂が決めて2-0。28分には田中のシュートが相手DFに当たってコースを変え、3点目のゴールとなった。

 後半立ち上がりには元イラン代表FWグーチャンネジャドにクロスバーを叩かれるピンチも迎えた川崎Fだが、58分にはさらにリードを広げる。カウンターからレアンドロ・ダミアンが持ち込み、公式戦4試合連続となるゴールを奪った。

 そのまま川崎Fは4-0の勝利で試合を終了。グループ突破に望みを繋ぐ上でやれるべきことはやった形だが、上海上港はすでに首位通過を決めていた蔚山現代(韓国)にホームで5-0と大勝し、川崎Fを抑えて2位での決勝トーナメント進出を決めた。

【得点者】
9分 0-1 脇坂泰斗(川崎F)
20分 0-2 脇坂泰斗(川崎F)
28分 0-3 田中碧(川崎F)
59分 0-4 レアンドロ・ダミアン(川崎F)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/21(火) 20:51
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事