ここから本文です

アーセナル、アルメニア代表MFのEL決勝欠場を発表。政治問題で出場ならず

5/21(火) 21:18配信

フットボールチャンネル

 アーセナルは21日、同クラブに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがヨーロッパリーグ(EL)決勝を戦うチームに帯同せず、試合を欠場することを発表した。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 アーセナルは現地時間29日に行われるEL決勝でチェルシーと対戦する。だが開催地となるアゼルバイジャンはムヒタリアンの母国である隣国アルメニアと長年の対立関係にあり、同選手の決勝出場は危ぶまれていた。

 昨年10月に行われたELグループステージの試合でアーセナルがアゼルバイジャンのカラバフと対戦した際にも、ムヒタリアンは帯同せず。前所属クラブのボルシア・ドルトムントでも同様にアゼルバイジャンでの試合を欠場したことがあった。

 今回は決勝の大舞台ということもあり、アーセナルは欧州サッカー連盟(UEFA)に対し、ムヒタリアンが安全に出場できるよう保証を求めていた。だが最終的に、欠場するという決断が下されることになった。

「ミッキー(ムヒタリアン)がチームの一員となれるようにあらゆる選択肢を探ってきたが、ミッキーおよび彼の家族と話し合った結果、彼は遠征チームに加わらないことで合意した」とアーセナルは発表。「このような状況で選手が欧州の決勝の大一番を欠場するのは非常に悲しい」と述べている。

 ムヒタリアンは今季ELで14試合中11試合に出場し、チームの決勝進出を助けてきた。「決勝までの道のりの中でミッキーはキープレーヤーだった。チーム的にも我々にとって大きな損失だ」とクラブは欠場を惜しんでいる。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/21(火) 21:18
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事