ここから本文です

蟻地獄に堕ちた韓国経済、「日本と通貨スワップを結ぼう」と言い出したご都合主義

5/21(火) 17:00配信

デイリー新潮

 韓国で「日本からドルを借りればいい」との声が上がる。ウォン安が止まらず、通貨危機に陥る懸念が高まったからだ。日本は今回も韓国を助けるのだろうか――。(鈴置高史/韓国観察者)

5月の上・中旬の貿易は赤字

 5月21日の韓国外為市場は1ドル=1190ウォン台前半でもみ合い結局、前日比0・20ウォン高の1194・00ウォンで引けた。

 韓国通貨当局は防衛ラインを1ドル=1200ウォンに敷いていると見なされている。これを超えると、ウォン売りが雪崩を打ちかねないと市場は見ている。ウォンは今、「危険水域」を目前に、ふらつく毎日だ。

 5月20日に洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が「金融市場に行き過ぎた偏りがあれば適切な措置を通じ、市場の安定を維持していく」と口先介入したことがウォン売りを抑えた。

 半面、5月21日発表の5月上・中旬の通関統計はウォン売りの材料を提供した。5月1~20日の輸出は前年同期比11・7%減の257億2000万ドルと低迷したからだ。

 輸出の2割を占めてきた半導体が同33・0%減と不振だったことが響いた。仕向け地別でも、25%前後を担ってきた中国向けが15・9%減少したのが足を引っ張った。

 輸入は同0・1%減の276億6000万ドルで、貿易収支は19億6000万ドルの赤字だった。

 1月1日から5月20日まで累計の輸出は同7・5%減の2072億1000万ドル。一方、輸入は同3・9%減の1959億4000万ドル。貿易黒字は112億7000万ドルに留まっており、2018年1年間の700億ドルにはるかに及ばない。

 韓国は貿易赤字に陥ったり黒字が急減した際に、通貨危機を起してきた(デイリー新潮「韓国、輸出急減で通貨危機の足音 日米に見放されたらジ・エンド」参照)。

財政赤字が新たな懸念に

 市場は財政赤字拡大も懸念材料として注目し始めた。5月16日に開かれた国家戦略会議で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が洪楠基副首相に「(政府債務比率の上限)を40%とする根拠は何か」と聞き、その撤廃を命じたからだ。

 韓国の財政当局は伝統的に政府債務の比率を40%以下に抑えてきた。しかし今回の大統領の指示により、上限が破られることが確実になった。

 2020年4月の総選挙を控え、文在寅政権は全国で公共工事を大々的に実施する方針だ。予算が足りなければ国債を増発して補うことになる。

 財政赤字の拡大には警鐘が鳴らされていた。朝鮮日報のキム・ヨンジン経済部長は4月25日の「洪楠基副首相がせねばならぬこと」(韓国語版)で「格付け会社のムーディーズが韓国の財政赤字に注目している」と指摘した。

 韓国経済の原動力である輸出が急減したうえ、不動産価格も下がった。2019年2月の税収が前年同月比1兆3000億ウォン(1995億円)も減るなど、今後は歳入の減少が予想される。

「というのに、財源対策もなしにバラマキ予算を編成しようとしているからだ」とキム・ヨンジン部長は書いた。

1/5ページ

最終更新:5/24(金) 16:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事