ここから本文です

マンチェスター・シティが今後10年は主役。 直近2年で5冠獲得!

5/21(火) 7:17配信

webスポルティーバ

「プレミアリーグも、カップ戦も、マンチェスター・シティが今後10年、タイトルを獲得してもおかしくない」

【写真】2試合連続ゴールを決めた久保建英

 そう話したのは、元イングランド代表で解説者を務めるクリス・ワドルだ。5月18日に行なわれたFAカップ決勝で、マンチェスター・Cはワトフォードに6-0と圧勝。プレミアリーグとリーグカップに続き、FAカップでも頂点に立って「国内3冠」を成し遂げた。

 1998-1999シーズンにマンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、FAカップのタイトルを獲得して「トレブル」を達成しているが、イングランド国内での3冠は史上初。しかも、プレミアリーグとリーグカップは、昨シーズンに続いて2連覇となった。

 つまり、直近2シーズンにおける計6つの国内大会のうち、5つのタイトルを獲得したわけだ。イングランドは世界最高峰リーグと謳われ、各クラブ間の競争も激しいだけに、ジョゼップ・グアルディオラ監督が成し遂げた偉業は最大級の称賛に値する。

 もちろん、プレミアリーグでマンチェスター・Cの背中を追いかけたリバプールの存在も、今季を語るうえで忘れてはならない。獲得ポイントは、マンチェスター・Cの98に対し、リバプールは97。合計195ポイントは、1位と2位の合計ポイントとしてはプレミア史上最多となった。

 元イングランド代表のアラン・シアラーは、「今シーズンは信じられない1年だった。マンチェスター・Cとリバプールの争いは、1992年のプレミアリーグ開始以来、最高の戦いで見ごたえがあった」と述べ、マンチェスター・Cとリバプールの2強時代に突入したと語った。

 一方、マンチェスター・Cの強さを目の当たりにしたワドルは、「私が見てきたなかで最高のクラブ。ただただ、すばらしい」と譲らず、元イングランド代表FWの解説者のイアン・ライトも、「これから10年はシティが主役」と口を揃えた。リバプールも着実に力を伸ばしているだけに、来シーズン以降のタイトルの行方はわからないが、少なくともマンチェスター・Cが優勝争いの本命であることは間違いない。

1/3ページ

最終更新:5/21(火) 16:40
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事