ここから本文です

福島みずほ議員の「個性的」筆跡、アイドルとして成功する文字

5/22(水) 11:00配信

NEWS ポストセブン

 2009年9月、民主、社民、国民新3党が連立政権樹立で合意し、それぞれの党首が署名した合意書がニュースで報じられると、社民党党首(当時)・福島みずほ氏の署名がネットで「個性的」と話題になった。

【図解】福島氏の字を専門家が詳細に分析すると…

 筆跡からその人の性格や人柄、運気まで診断する「筆跡心理学」をおさめた筆跡診断士で、筆跡アドバイザーとしても活躍する書家の高橋史氏が、福島氏の筆跡を診断したうえで、ご本人と対談した。

福島:政治には愛が必要、そして平和が大切と常日頃思っているので、頼まれた時に必ず選ぶ「愛と平和」を書きました。

高橋:まず目に飛び込んでくるのはサイズ感です。色紙からこぼれそうな大きい文字ですね。

福島:書いていると字がどんどん大きくなるんですよ。メモを取る時も、最初は小さく書いているのだけれど、最後には「あらっ!」と思うぐらい大きくなってしまいます(笑い)。

高橋:文字の大きさというのは、書いた方のエネルギーに比例するといわれています。文字の大きさと、こうして実際にお会いした先生の印象はぴったり。エネルギッシュでパワフルで、とても自信に満ち溢れた感じが伝わってきます。

福島:そうなんですね。私の文字はネットで「個性的」といわれているそうですが(笑い)、自分ではよくわからないんですよ。

高橋:全体的に丸みを帯びていて、角が少ないのも特徴的です。かわいらしく、性格の優しい方だと思います。だから、政治家になっていなければ、アイドルとして成功する文字ですね。

福島:アイドル! 嬉しいかも(笑い)。私の戸籍名は漢字の「瑞穂」ですが、文字になると固い感じがするので、ひらがなを使うようにしました。どこかに柔らかくしたいという気持ちが働いているのかもしれません。

高橋:字には深層心理や潜在意識が表われます。全体的に先生の字はとても柔らかいので、温かくて若々しい、元気な印象を見る人にもたらしています。

福島:ありがとうございます。私は国会質問などで総理を問い詰めたりするので怖い印象があるかもしれませんが、全然そんなことはないということを、これで皆さんに知ってもらえたら嬉しいですね(笑い)。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 11:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事