ここから本文です

【ツール・ド・フランス2019】リーダージャージが日替わりデザインに!

5/22(水) 10:13配信

CYCLE SPORTS.jp

マイヨ・ジョーヌ誕生100周年記念

1919年のツール・ド・フランスで初めて導入され、今年で誕生100周年を迎える黄色い総合リーダージャージ『マイヨ・ジョーヌ』。主催者のアモリー・スポール・オルガニザシオン(ASO)は、この記念すべき2019年ツール・ド・フランスで、総合リーダーの選手が着用するマイヨ・ジョーヌを、日替わりで異なったデザインにすると発表した。

ルコック社がサプライヤーとなり、クレディ・リヨネ銀行(LCL)がスポンサーを務めるマイヨ・ジョーヌのベースは共通だが、それぞれのステージにちなんだ建物や風景、そしてツール・ド・フランスで5回優勝している選手などのモノクロ写真がプリントされている。

今年のツール・ド・フランスは、5勝しているエディ・メルクスの初優勝から50年を祝って隣国ベルギーの首都ブリュッセルで開幕する。初日のステージで優勝した選手が第2ステージのチームタイムトライアルで着用するのは、その日のゴールにもなっているブリュッセルのシンボル、アトミウムの写真がプリントされているマイヨ・ジョーヌだ。

最終更新:5/22(水) 10:13
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事