ここから本文です

キャサリン妃、花柄ドレスでエリザベス女王にお庭を案内!

5/22(水) 13:10配信

25ansオンライン

20日(月)午後、チェルシー・フラワー・ショー開催前日のプレビューが行われました。
毎年恒例、ロイヤルファミリーのみなさまが出席され、もちろんその筆頭はエリザベス女王! 1952年の即位以来、数回以外、毎年ご覧になっているお気に入りのイベントです。
今年は、キャサリン妃が出展者として参加され、「バック・トゥー・ネイチャー・ガーデン」と名付けられたお庭を、プロの景観設計家カップルとご一緒に造られました。
前日、ご家族にも披露され、ジョージ王子の評価は満点の倍!という大好評でしたが、この日はいよいよエリザベス女王や他のロイヤルメンバーの方々にも初お披露目で、どうやら、緊張もされていたキャサリン妃。とはいえ、ワクワクも込められたポジティブな意。
女王がいらっしゃる寸前には、ドレス姿にもかかわらず、座り込み、手で雑草など、お掃除をされたのだとか。
その成果あり! 到着された女王の口から、「とても綺麗に片付いていますね!」とお褒めの言葉が。
とってもテンション高めのご様子で(笑)自信作のお庭を、うれしそうに案内されていたキャサリン妃でした。この日の主役は妻と、おふたりの後ろを歩かれ、時に妻のサポートとばかりに、女王に説明もしていらしたウィリアム王子。そんな孫に、到着するなり、第一声は「まあ、今日はきちんとして見えるわね!」とジョークを仰った女王。

【写真】93歳! エリザベス女王の華麗なるロイヤルファッション

そのほか、エドワード王子&ソフィーさんご夫妻や、アンドリュー王子、ベアトリス王女、マイケル・オブ・ケント王子ご夫妻に女王の従姉妹アレクサンドラ王女にグロスター公爵ご夫妻と、ほぼみなさまが出席されていました。
なかでも、仲良しのソフィーさんは、キャサリン妃のお庭のツリーハウスに、なんとドレス姿で上がられていました。
また、ベアトリス王女もお庭をご訪問。こちらもキャサリン妃が直接説明をされていたのが印象的。そういえば、なかなかこのおふたりの2ショットと会話シーンはレア!です。

子供たちや家族が、自然の楽しさを知るきっかけになってくれることを願いながらお造りになった、お庭「バック・トゥー・ネイチャー・ガーデン」をご覧になったエリザベス女王の感想は、「とても興味深いですね。」
キャサリン妃は最後、「ありがとうございました、女王陛下。また後ほどお会い致します。」とお礼のお言葉。

その一方で、王立園芸協会の最高責任者の女性が女王に対し、「お試しになりたくならなかったですか?」とジョーク
どうやら、前日シャーロット王女も楽しまれてもいたターザンロープのことのよう!!(笑)
こんなジョークを言えるなんて、関係の深さあってのことでしょうが、それにしても英国らしいユーモアのセンス!
はたして女王が、なんてお答えになったのかが、とっても気になりますが(笑)。

この日朝から、会場であるチェルシー王立病院にいらしていたキャサリン妃ですが、午後女王やロイヤルファミリーの皆様が到着される前に、お着替えをされました。
そして、この場にぴったりな花柄のマキシドレスで再び登場!
白ベースに、シックなマルチカラーの花柄がブランドならでは!のアーデム。ハイネックに、白のレースがアクセントになった、ヴィクトリア調デザインが可愛い。とってもお似合いですね~!
よ~く見ると、花柄の中にはワスレナグサも。ダイアナ元妃が大好きでいらしたお花ですね。実は「バック・トゥー・ネイチャー・ガーデン」にも植えられていて、キャサリン妃の義理の母へ思いもここに。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 17:57
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

25ansオンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事