ここから本文です

ダメなベンチャーの広報って、ある意味、気の毒ですよ

5/22(水) 12:16配信

Wedge

心だよね。取材する側とともに記事をつくろうとする姿勢ですよ

 広報って、会社の成長のステージを踏まえ、現状を正しく伝えつつも、次のステージに移ったら、メディアへの接し方も変えなきゃいけない。つまりは、ギアチェンジですよ。ところが、(前述の)広報は、自社がそこそこの規模になっているのに、数十人の社員規模のままの感覚で、原稿を創作しまくりで、誇大広告にする。これでは、社外や社内と摩擦が絶えないでしょう。

 ダメなベンチャーの広報って、ある意味で赤ん坊みたい。3~4歳まではエゴでいいけど、小学校に入ったら変わんないと。ステージが違うんだから…。止むを得ないのかな…。ベンチャーって、社員の会社へのコミットする力って強いんですよ。洗脳に近い教育をする場合もあるから。スタートアップ時は、そんな思い込みがないと、ムリだろうけどね。

 思い込みが強すぎるから、捻じ曲げるんですよ。「こうしなきゃあ…」って。だけど、事実をそこまで変えちゃ、(メディアとして)ヤバイよ。経験が浅いから、(メディアの側も社内の側のことも)全然、考えない。このような広報は少ないと信じたいけど。

 まれにいるんですよ。30代後半以降で、熟した広報ウーマンって。甘いも酸いも噛みわけていて、取材や原稿にさりげなく、リクエストをやんわりしてくる。(こちらは)悪い気がしないんだよね。「もう1回、取材しよう」って思うから。こんな人は、「使える」よね。広報って、心だよね。取材する側とともに記事をつくろうとする姿勢ですよ。それが全然なくて、ひとりよがりで、強引に押すんじゃ、まずいんですよ。赤ん坊ならばいいけど…。

吉田典史 (ジャーナリスト・記者・ライター)

3/3ページ

最終更新:5/22(水) 12:16
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年10月号
9月20日発売

定価540円(税込)

■特集 再考「働き方改革」―先進企業が打つ次の一手
■ホルムズ危機が問う安保法制に残された課題
■GSOMIA破棄が示した韓国・文政権の野望

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事