ここから本文です

民放4月ドラマ、圧勝「天海祐希」は甘味差し入れで現場にゲキ

5/22(水) 9:35配信

SmartFLASH

【採算分岐点をクリアしてる『成功ドラマ』】
●1位:『緊急取調室』(毎週木曜21時~テレビ朝日系)
・平均視聴率:13.34%
・採算分岐点:12.0%
・ドラマ制作費:B+
・出演者ギャラ:B+
・主な出演者のギャラ:天海祐希300万円、田中哲司70万円、小日向文世85万円

●2位『特捜9season2』(毎週水曜21時~テレビ朝日系)
・平均視聴率:13.0%
・採算分岐点:12.0%
・ドラマ制作費:B+
・出演者ギャラ:B+
・主な出演者のギャラ:井ノ原快彦175万円、寺尾聰150万円

●3位『科捜研の女』(毎週木曜20時~テレビ朝日系)
・平均視聴率:12.64%
・採算分岐点:12.0%
・ドラマ制作費:B+
・出演者ギャラ:B+
・主な出演者のギャラ:沢口靖子200万円、内藤剛志125万円

●4位『ラジエーションハウス』(毎週月曜21時~フジテレビ系)
・平均視聴率:11.72%
・採算分岐点:10.5%
・ドラマ制作費:C+
・出演者ギャラ:C+
・主な出演者のギャラ:窪田正孝100万円、本田翼75万円、広瀬アリス70万円

●5位『白衣の戦士!』(毎週水曜22時~日本テレビ系)
・平均視聴率:9.33%
・採算分岐点:9.25%
・ドラマ制作費:C+
・出演者ギャラ:B
・主な出演者のギャラ:中条あやみ70万円、水川あさみ85万円、沢村一樹100万円、安田顕75万円

●6位『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜22時~日本テレビ系)
・平均視聴率:9.28%
・採算分岐点:9.0%
・ドラマ制作費:C+
・出演者ギャラ:C+
・主な出演者のギャラ:古田新太120万円、松下奈緒100万円、白石麻衣55万円

●7位『執事 西園寺の名推理2』(毎週金曜20時~テレビ東京系)
・平均視聴率:7.0%
・採算分岐点:6.5%
・ドラマ制作費:D+
・出演者ギャラ:C
・主な出演者のギャラ:上川隆也100万円、佐藤二朗50万円、吉行和子60万円


【評価基準について】
●ドラマ制作費の目安(1話あたり換算で)
A:3000万円以上
B:2000万円~3000万円未満
C:1500万円~2000万円未満
D:1000万円~1500万円未満
E:1000万円未満

●出演者ギャラの目安(1話あたり換算で)
A:1000万円以上
B:700万円~1000万円未満
C:500万円~700万円未満
D:300万円~500万円未満
E:300万円未満

●採算分岐点:
単純にかかっている費用だけでなく「時間帯」「裏番組」「前期までの実績」などからクリアすべき視聴率を算出


【COLUMN:大手広告代理店が推す今期注目ドラマ】
●『ストロベリーナイト・サーガ』(毎週木曜22時~フジテレビ系)
・主な出演者のギャラ:二階堂ふみ130万円、亀梨和也125万円
・コメント:
「初回放送後におこなったインターネットによる視聴者の『ドラマ満足度調査』は、きわめて高い評価だった。クオリティの高い映像と視聴者に媚びない作品性もこのドラマの真骨頂。

 原作自体にコアなファンが多く、フジはシリーズ化を目論んでおり、映画化も視野に入れて制作されている」(大手広告代理店関係者、以下同)


●『パーフェクトワールド』(毎週火曜21時~フジテレビ/関西テレビ系)
・主な出演者のギャラ:松坂桃李150万円、山本美月100万円
・コメント
「こちらも『ドラマ満足度調査』では高い評価。『障害』という重いテーマを、逃げることなく描いており、それを支える無償の『純愛』は、特にF1層(20歳~34歳の女性)に刺さっているようだ。

『涙が止まらない』『自然と感情移入した』などの声が多く、原作の世界観を忠実に描いている」


(週刊FLASH 2019年6月4日号)

2/2ページ

最終更新:5/22(水) 12:28
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事