ここから本文です

アニメ『SSSS.GRIDMAN』登場アイテムをペンダントに 鋳金作家が1円玉サイズに磨き上げる

5/22(水) 12:43配信

KAI-YOU.net

いまだに根強い人気を集めるアニメ『SSSS.GRIDMAN』。同作に登場するアシストウェポン4体のシルバーペンダントが制作され、いずれも極小サイズでありながら非常に精巧なつくりで、連結部分などのディティールまでかなり忠実に再現されている。

【重厚かつ緻密】磨き上げられたシルバーフィギュア

制作したのはシルバーアクセサリーを手がけ、国内最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル」にも参加している楽RAKU銀工房のラクさん。

今回はTwitterで公開された新作について、こだわりのポイントやどこで手に入るのかなど、気になる点を聞いた。

『SSSS.GRIDMAN』に欠かせないアシストウェポン

『SSSS.GRIDMAN』のアシストウェポンは全部で4体。「グリッドマンキャリバー」「バトルトラクトマックス」「バスターボラ―」「スカイヴィッター」が登場。

普段はサムライ・キャリバー、マックス、ボラー、ヴィットという人間の姿で過ごしていますが、戦闘時に変形してグリッドマンをサポートしている。

ウェポン時のデザインはいずれも「劇場版 仮面ライダー」シリーズなどでキャラクターデザインや玩具デザインを手がけた野中剛さんが担当。

4体は単独でグリッドマンの戦いをサポートするだけでなく、4体が合体して「パワードゼノン」に、さらにグリッドマンと合体して「フルパワーグリッドマン」にもなる。

シルバー製「アシストウェポン」はどこで手に入る?

ラクさんが制作したのは4体すべて。ちなみに一番手間がかかったのは「バスターボラー」のドリルとキャタピラだそうだ。

さらに「バトルトラクトマックス」についても、「砲身まで付けた状態で一体成型複製を行っておりますので、複製型の製作、複製作業では一番面倒でした」と語る。

その現物の大きさは1円玉と同程度。ラクさんは「実際に見ていただくと本当に小さいですので、記事を見ていただいた方々にはぜひとも現物を手に取ってみていただきたいです」とコメントしている。

では、実際にどこで見ることができるのか。イベント申請時の制作状況の都合上、7月28日(日)の「ワンダーフェスティバル 2019[夏]」で頒布予定なのは「グリッドマンキャリバー」のみ。

9月23日(日)に開催される「キャラフェス in 神戸1」では4体すべてを申請しているとのことなので、全4種を一気に見る機会としてはキャラフェス、もしくは12月の「TSUBURAYAワンフェス」になるという。

楽RAKU銀工房のシルバー作品

楽RAKU銀工房およびラクさんは、これまでにもシルバーを素材にして多くのデフォルメフィギュアやアクセサリーを制作している。

今後はメカものだけでなく、これまでにも手がけてきた初音ミクや『艦隊これくしょん -艦これ-』、『ストライクウィッチーズ』などのフィギュア形状の作品を拡充していきたいとのことだ。

前田ヨウイチ

最終更新:5/22(水) 12:45
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事