ここから本文です

令和に買いたい!【大型スクーター】2019ニューモデル大集合 #21

5/22(水) 11:31配信

WEBヤングマシン

【HONDA X-ADV 2019】’19年モデルでは、艶消しのカモフラージュ柄を施したマットアーマードグリーンメタリックを新設定。都会にアウトドアに映えるカラーだ。主要諸元■水冷4スト並列2気筒 SOHC4バルブ 745cc 54ps/6250rpm 6.9kg-m/4750rpm 238kg 13L シート高790mm ●価格:124万920円~127万3320円

’18で2段階+オフのラコンを採用し、安心感アップ。駆動力をダイレクトに伝えるG-スイッチを使えば、ダートでテールスライドも可能だ。

ダカールマシンのCRF450ラリーを思わせる大型スクエア液晶。時計や外気温、ギヤ段数を常時表示する。調整式スクリーン、スマートキーも採用。

シート下は21L容量を確保し、オフ系のフルフェイス×1が入る。内部に12V電源ソケットやLED照明も完備。リヤシートの居住性も高い。

スイングアームは専用のU字断面アルミ製。駆動方式はチェーンで、チューブレスのブロックタイヤを履く。リヤサスはイニシャル調整が可能。

従来の赤と銀に代わり、CRF風のレッド、艶消しシルバーを設定。アウターフォークは金→黒に。

ヤマハ TMAX 530 SX/DX:元祖にして至高、鍛錬を重ね続けるオートマチックスーパースポーツ

初代’01年モデル以来、進化を重ね、現行型は’17年登場の6代目となる。独自のバランサーを備えた360度クランクの並列2気筒は、滑らかなパワーが自慢。さらに電制スロットルや2種類の走行モード、オンオフ可能なトラコンと電脳が豊富だ。軽量アルミフレームの車体に、倒立+ラジアルキャリパーの脚も鋭い走りに貢献する。国内で標準のSXは’19年モデルで新色の艶消し青を追加。オートクルーズや電動スクリーンなどを備えるDXには艶消しグレーを設定した。

【YAMAHA TMAX 530 SX 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 530cc 46ps/6750rpm 5.4kg-m/5250rpm 218kg 15L シート高800mm ●価格:124万2000円

2/4ページ

最終更新:5/22(水) 11:31
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事