ここから本文です

【今の時代にこそこの遊び心を!!!】こだわりルーフの日本車傑作選

5/22(水) 11:04配信

ベストカーWeb

 クルマの魅力は走りや広さに代表される使い勝手のような直接的な機能だけでなく、美しさやインパクトといったデザインも重要だ。

 現代のクルマで後者を挙げるならボディとルーフ(屋根)の色が異なるツートンカラーが代表的だろうか。

 かつての日本車ではルーフそのものに着目し、ツートンカラーよりずっと手間がかかる形状などにこだわったクルマも多数あった。

 もちろんすべてが成功したわけではないが、ユーザーを楽しませ、自動車業界を個性豊かな潤いあるものにしていた。当記事ではそんなクルマたちを振り返る。

文:永田恵一

日産フェアレディZ(2代目)

デビュー:1980年11月
こだわりのルーフ:日本車初のTバールーフ
デビュー時の価格:252万1000円(280Z 2シーター)

 Tバールーフというのはルーフ中央に細い構造部材を残し、前席乗員の頭上はガラス製を含むルーフが脱着可能となっているものである。

 メリットとしては、普段はフィックスドルーフと同等の快適性を確保できる、ルーフを外せばルーフの平面部分全体を脱着できるタルガトップに近い開放感を楽しめる、ガラス製のルーフであればシェードを外すとサンルーフ以上に明るい室内が現れる、といったことが挙げられる。

 日本車で初めてTバールーフを採用したのは2代目フェアレディZで一部改良と同時にアメリカへの輸出専用モデルを日本でも販売を開始した。

 それ以来フェアレディZは4代目モデルまで設定を続け、そのほかにも初代と2代目のMR2、日産でもエクサやNXクーペという採用例があり、日本車でもまずまず普及した。

 しかしスポーツ走行をするユーザーには通常のルーフに対しボディ剛性が低下し、ハンドリングの正確さなどが見劣りするというデメリットや、ユーノスロードスターの登場以降オープンカーが増えると「Tバールーフは中途半端」という印象は否めず、現在は残念ながら絶滅状態となっている。

1/5ページ

最終更新:5/24(金) 15:18
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事