ここから本文です

女性9人が明かす、最悪な初デートの辛い体験談

5/22(水) 21:11配信

エスクァイア

 初めてのデートを成功させる要素は、実はたくさんあります。会ってすぐ、ほんの5分しか会話していないのに相性のよさを感じたり、食事に行った際には2人ともその料理に満足したり、彼女があなたの着ているジャケットを「素敵だ」とほめてくれたり…。

【写真】男が初デートでしでかした最悪なこと【第一話】9人の女性が告白

 初デートを、大失敗に終わらせる地雷もたくさんあるのが実情です。
 
 その場を逃げ出したくなるほど辛い体験をした9人の女性が、これまでで最悪だったデートについて語ってくれました。あなたが自身を、「過去にデートで大失敗した男」と自負していたとしても、これほどまでの大失態はしていないことでしょう、きっと…。

【その1】テレビゲームをやっている姿を彼女にずっと見せ続けた男

「ディナーのあと、彼は私をアパートに連れて行きました。それは彼が、自分がテレビゲームをするところを見せたかったから。彼はそのゲームに関しては、自分に天与の才があると信じ込んでいました。私はうんざりして友人に、『緊急事態だからすぐに来てほしい、と自分に嘘の電話をしてほしい』と、メールを送信しました。これは大抵の女性にとっての共通認識だと思うのですが、テレビゲームがどんなにうまくても、女性はその男性と親密な関係を持ちたくなるわけではありません。それが男兄弟なら許しますが…」―ブリーレさん(22歳)

【その2】暴行を受けた女性を侮辱した男

「リアーナの曲が流れてくると、デート相手はこう言いました。『クリス・ブラウンに殴られたのが、彼女(リアーナ)のキャリアで最高の出来事だったんじゃないかな!?』と…。最低の一言です。それに私が、家庭内暴力の被害者のシェルター施設の管理をしているのを忘れないでほしいですね」―ヘザーさん(27歳)

【その3】女性に無理やりお酒を飲ませようとする男

「コーヒーを飲んでいたのに、その男性はどちらかの家に行こうと強引に誘ってきて、私を酔わせようとするんです。しかも、彼自身は酒を飲まない人…けれど、私だけにお酒を飲むように強要してきました。おまけにさりげなく誘うのではなく、10分おきに、「どちらかの家に帰って、ウォッカグミ(グミをウォッカに漬けこんだ食べ物)かドラッグをやってみないか?」ってしつこいんです。でもそのくせ、自分は酔っ払うつもりはない風なことをきっぱりと言い張るんです…」―ジェナさん(23歳)

1/3ページ

最終更新:5/22(水) 21:11
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事