ここから本文です

FIFA U-20W杯、主役候補はこの5人! 韓国の神童に名将お墨付きのDF、見逃してはならない若き大器たち

5/22(水) 7:40配信

フットボールチャンネル

 ポーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップが23日より開幕する。本大会へ向け期待感は高まるばかりであり、U-20日本代表の戦いぶりにも注目が集まる。そんな中、今大会も世界中で活躍が大いに期待されている若き大器たちが各国に存在している。今回はFIFA U-20ワールドカップで見ておくべき選手を5人紹介する。

●ドイツで活躍する長身DF

ダン=アクセル・ザガドゥ(U-20フランス代表/ボルシア・ドルトムント)
生年月日:1999年6月3日(19歳)
身長/体重:196cm/90kg
ポジション:DF
今季リーグ戦成績:17試合出場/2得点0アシスト

 ドイツの強豪ボルシア・ドルトムントで活躍する19歳のDF。身長196cm、体重90kgという恵まれた体格を生かした空中戦の強さはピカイチであり、攻守両面で怖い存在となることができる。また、本職はセンターバックながら所属クラブではサイドバックも務めるなど、プレーの幅を広げている。

 今季途中に怪我を負い、離脱を余儀なくされた時期もあったが、U-20ワールドカップには問題なく出場することができそうだ。U-20フランス代表ではもちろんディフェンスリーダーとして活躍が期待される。チャンピオンズリーグ等にも出場したその貴重な経験を今大会で力に変えていきたい。

●あの名指揮官がNo.1と称した男

ディオゴ・ダロ(U-20ポルトガル代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1999年3月18日(20歳)
身長/体重:184cm/74kg
ポジション:DF
今季リーグ戦成績:16試合出場/0得点2アシスト

 ポルトガルの名門ポルトで才能を開花させたサイドバック。マンチェスター・ユナイテッドの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ氏が「この年代では欧州No.1」と称し、今夏に1900万ポンド(約25億円)という金額で引き抜いた逸材である。同選手を高く評価したモウリーニョ氏はシーズン途中で解任となってしまったが、オーレ・グンナー・スールシャール新監督の下でもポルトガル人DFはまずまずの出場機会を得ている。

 左右両サイド、一列前のサイドハーフとしてもプレーできるディオゴ・ダロは、90分間攻守両面でチームに貢献できる選手だ。クロスの質などにはまだまだ改善の余地があるが、やはり同年代のサイドバックの中では能力の高い選手と言えるだろう。UEFA U-19欧州選手権を制したU-20ポルトガル代表が次に狙うは世界の頂点。ダロはその立役者となれるか。

●日本とも対戦する点取り屋

アンドレア・ピナモンティ(U-20イタリア代表/フロジノーネ)
生年月日:1999年5月19日(20歳)
身長/体重:186cm/72kg
ポジション:FW
今季リーグ戦成績:27試合出場/5得点3アシスト

 インテルの下部組織で育ったイタリア人FW。インテル・プリマヴェーラ在籍時は50試合で27得点1アシストの成績を収めているなど、爆発的な決定力を発揮してきた。今季はフロジノーネにレンタルという形で加入しているが、新天地でもコンスタントに出場機会を得ており、リーグ戦27試合で5得点3アシストの結果を残している。

 確かなゴールへの嗅覚を持ちながら、味方を生かすプレーにも定評があるなど前線で様々な仕事をやってのけるアンドレア・ピナモンティは、U-20ワールドカップの主役候補の一人であるとみていいだろう。2018年に行われたUEFA U-19欧州選手権大会同様、主力としてチームを牽引したいところだ。また、現地19日に行われた第37節、対ミラン戦ではお休みをもらっているおり、状態は万全なはず。日本代表は注意が必要だ。

●フランスのドンナルンマ

アルバン・ラフォン(U-20フランス代表/フィオレンティーナ)
生年月日:1999年1月23日(20歳)
身長/体重:193cm/82kg
ポジション:GK
今季リーグ戦成績:33試合出場/40失点

 驚異の反射神経と長い手足を生かしてシュートをストップし続ける若き守護神。トゥールーズで早くからその才能を発揮させており、ゴールキーパーとしてはフランス史上最年少(16歳と10ヶ月)でリーグ・アンデビューを果たしている。まさに「フランス版ドンナルンマ」だ。

 アーセナルやラツィオといったクラブが獲得に興味を示していたというが、アルバン・ラフォンは今季よりフィオレンティーナへ移籍。開幕戦からスタメンに名を連ねており、いきなりチームの2連勝に大きく貢献するなど、新天地でもさっそくその力を証明した。20歳にしてプロ通算100試合以上に出場している同選手は、U-20ワールドカップという大舞台でも輝きを放つことができるか。

●韓国サッカー界の神童

イ・ガンイン(U-20韓国代表/バレンシア)
生年月日:2001年2月19日(18歳)
身長/体重:173cm/68kg
ポジション:MF
今季リーグ戦成績:3試合出場/0得点0アシスト

 10歳でスペインへ渡り、レアル・マドリーやバルセロナといったクラブが獲得に興味を示す中バレンシアとプロ契約を結んだ逸材。今季のヨーロッパリーグ・決勝トーナメント1回戦、対セルティック戦に途中出場したことで、「韓国人の欧州カップ戦最年少デビュー記録」を見事に更新したことで話題を呼んだ選手だ。「韓国サッカー界の神童」といった呼び声も高い。

 テクニックに優れており、パススキルも十分な同選手。U-20ワールドカップでは10番を背負いエースとしてチームを牽引することだろう。まだ18歳と今後の更なる成長に今から期待できるが、まずは目先の大舞台でしっかりと結果を残し、世界にそのポテンシャルを証明したい。韓国の若き10番に要注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:5/22(水) 10:16
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事