ここから本文です

ファッション検索エンジン会社が分析! 今、世界でもっとも人気なブランドアイテム・トップ5

5/22(水) 21:23配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 年に4回、ファッション検索エンジン会社のLyst(リスト)は、検索やソーシャルデータを分析することで、もっとも人気の高いデザイナーブランドやアイテムをまとめている。
 その結果を蓄積するために、Lystは、1万2千にものぼるデザイナーやオンラインショップで、ファッションアイテムの検索や閲覧、購入などを行っている、5百万人以上の購買者のオンラインショッピング傾向を分析している。この指数の裏にある公式は、全世界のLystとGoogleの検索データ、顧客転換率と売り上げ、そしてブランドと製品に対する世界中のソーシャルメディアでの言及、エンゲージメントの統計を3ヶ月間にわたって考慮したものだ。

2019年、知って買っておくべき有望ファッションブランド12

ここに2019年上半期前半に、もっとも切望されたアイテムを紹介しよう。

1. アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)/オーバーサイズソールスニーカー

現在のところ、Lystで2分ごとに検索がかけられている、アレキサンダー・マックイーンのオーバーサイズソールスニーカーが、この上半期前半にもっとも人気の高いアイテムだった。これには、ジェニファー・ロペスやアリシア・ヴィキャンデルなど、このスニーカーを着用していたセレブの影響も。

2. プラダ(Prada)/スタッズ付きヘッドバンド

次に来たのが、プラダのスタッズ付きヘッドバンドだ。これは、わずか2ヶ月で、このスタイルの検索が300%も増加したことによるもの。このスタイルは、様々なコピー品が、より安い値段で作り出され、ブルジョワなヘアアクセとして、より幅広いトレンドになったのも人気の一因。

3. ジャックムス(Jacquemus)/ル・キンクイートバッグ

ジャックムスのル・キンクイートバッグは、ブランドのソーシャルメディアでの表示回数を1,831%も増加させ、Lystで何千という検索に拍車をかけた。実際に、この小さなトートの複数の色が、数週間のうちにオンライン販売であっという間に売り切れた。

4. グッチ(Gucci)/ロゴベルト

この上半期前半のランキングで4位につけた、いまやアイコニックな小物、グッチのロゴベルトの人気は衰える傾向なし。

5. サンディ リアン(Sandy Liang)/シアリングジャケット

このブランドは、クールなニューヨークにインスパイアされたアイテムの数々で、すでに旋風を巻き起こしている。そして比較的買いやすいアイテムは、明らかに話題と同時に売上の上昇にも貢献している。

Translation: Natsuko Kadokura From Harper's BAZAAR UK

最終更新:5/22(水) 21:23
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事