ここから本文です

元KAT-TUN 田口淳之介が大麻取締法違反の疑いで逮捕 元メンバーとしては2人目

5/22(水) 17:56配信

KAI-YOU.net

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバーである田口淳之介さんが22日、大麻取締法違反の疑いで厚労省麻薬取締部に逮捕された。

【画像】逮捕直前とみられるSNSへの投稿

毎日新聞やFNNニュースなどが報じている。

報道によると、田口さんとともにドラマ『3年B組金八先生』などに出演していた女優の小嶺麗奈さんも逮捕。22日、2人に対して麻薬取締部が家宅捜索を実施。現在、千代田区の麻薬取締部で事情聴取を受けているという。

KAT-TUNとして活躍した田口淳之介

1999年にジャニーズ事務所に入所、2001年に結成されたKAT-TUNのメンバーとして、2006年「Real FACE」でデビューした田口淳之介さん。

100万枚以上売り上げたほか、ドラマ『がんばっていきまっしょい』『リーガル・ハイ』、映画『模倣犯』などに出演。自身を紹介する際「入口出口田口です」の挨拶で親しまれていた。

KAT-TUNを脱退、ジャニーズ事務所を退所した2016年以降は、個人事務所Immortalを設立。インディーズでの活動を経て、2017年にユニバーサルミュージックから「Connect」で再メジャーデビューを果たした。

個人としての活動を開始してからは、TwitterやInstagram、YouTubeなどのSNSアカウントを開設。ジャニーズ事務所時代にはできなかったインターネット上での活動を積極的に展開した。

継続的に歌手・俳優として活動していたが、2018年12月にユニバーサルミュージックの契約終了を発表していた。

同じくKAT-TUNの元メンバーとしては2017年、田中聖さんも大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕、処分保留で釈放されている。

ネットでも反響「本当に草の者に」

逮捕が報じられた5時間ほど前にも、Twitterが更新されていた田口さん。ソロ活動で以前と比べ露出が減っていた中での逮捕の発表は、ネット上でも大きな反響を集めている。

その中には、メンバーの頭文字から作られたグループ名「KAT-TUN」をもじって、「T」を大麻と表現したもの(※Tは田口さんと田中さん)や、ドラマ『リーガル・ハイ』で演じた役柄が「草の者」と呼ばれていたことから、「本当に草の者になってしまった」などの声も上がっている。

一方、ラッパーのSHOさんがTwitterで「元KATーTUNの田口 淳之介逮捕について ヤクブーツはやめろ」というコメントとともに動画を投稿。

ピエール瀧さんがコカイン使用の疑いで逮捕されたとき同様、自身の代表曲「薬物はやめろ」をアレンジして披露している。

恩田雄多

最終更新:5/22(水) 18:54
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事