ここから本文です

その“柔軟”に動くロボットアームは、3Dプリント技術で低価格を実現した(動画あり)

5/22(水) 18:11配信

WIRED.jp

3Dプリントされた部品を使うことでコストを抑えたロボットアームを、米大学の研究チームが開発した。日本円にして1本50万円台を目指すというこのロボットアームが量産されれば、さまざまな作業をロボット任せにするための技術研究が加速すると期待されている。

「安全」なものは役に立たない

カリフォルニア大学バークレー校の小さな研究室に、そのロボット「Blue(ブルー)」は置かれている。金属製の台に人間の腕のようながっしりした2本のアームが付いているが、腕の先にあるのは手ではなく、ハサミのような形をしたものだ。

人が両手に仮想現実(VR)のモーション・コントローラーを持ったまま腕を振り回すと、その動きをブルーは忠実に模倣する。まるでロボットが自分の分身になったみたいだ。映画『パシフィック・リム』に出てくる巨大ロボットのようでもあるが、ずっと安い。それがブルーのすごいところだ。

ロボットの研究者たちは長い間、莫大な開発コストに苦しんできた。例えば、研究用ロボットとして人気の「PR2」はブルーと似ていなくもない2本腕タイプだが、40万ドル(約4,500万円)もする。

3Dプリントで低価格を実現

これに対してブルーは、3Dプリントでつくる部品を使っているので、コストはずっと安い。腕1本あたりの材料費がたった3,000ドル(約37万円)で、大量生産する際にはアーム1本あたりの合計コストを5,000ドル(約56万円)に抑えるのが目標だという。

ブルーの開発者たちの思う通りに運べば、低価格を実現するブルーは研究分野のスターになり、将来はその子孫たちがわたしたちのために皿洗いをしたり、洗濯物を畳んだり、家のまわりを片づけたりしてくれるかもしれない。

これまでロボットアームを操作するときは、人間は離れていなければならなかった。ロボットが人間を部屋の反対側までふっ飛ばしてしまうといけないからだ。このため産業用ロボットは、文字通りおりの中に入れられていた。

しかし、ロボットたちは以前よりずっとよく周囲の世界を認識できるようになってきた。特に人間との接触に反応して、傷つける前に停止できるようになったのだ。こうした動きが、人間がロボットのすぐそばで働く協働ロボット工学のブームにつながった。

「既存のロボットについても、この点では大変うまくいっています」とブルーのプロジェクトのリーダーを務めるカリフォルニア大学バークレー校の機械工学者デーヴィッド・ジーリーは言う。「しかし、もともと高価な産業用ロボットにセンサーやフィードバック制御を付けると、ますます高価になってしまうのが問題です」

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 18:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事