ここから本文です

【鈴鹿8耐・ヤマハ参戦体制 詳報】TECH21カラーで5連覇を狙うヤマハファクトリー

5/22(水) 19:25配信

WEBヤングマシン

佐藤寿宏のロードレース通信

ヤマハファクトリーレーシングチームの鈴鹿8時間耐久ロードレース参戦体制が発表された。令和元年(R1)に発売21周年を迎えたYZF-R1にエースゼッケン『21』をまとうファクトリーマシンを前にすれば、熱くならずにはいられない!

【写真をまとめて見る】

その薄紫色のカラーリングに注目が集まる!

ヤマハ発動機は5月22日(水)都内で2019 鈴鹿8耐 参戦体制発表会を開き、5連覇を目指すYAMAHA FACTORY RACING TEAMとサポートするYART Yamaha Official EWC Teamのライダーラインナップを明らかにした。それよりなによりも注目は、YAMAHA FACTORY RACING TEAMのカラーリングだろう。

ステージにチームを牽引する中須賀克行、吉川和多留監督が上がるとベールアウトが行われ、ヤマハTECH21(テックツーワン)カラーに彩られたYZF-R1が現れた。

「’80年代の一番熱かった時代のレースファンにまたサーキットに来てもらいたいと、今年のチームカラーに、1985年のヤマハTECH21カラーを復刻して参戦します」と堀越慶太郎MS統括部MS戦略部部長がアナウンス。

YZF-R1にとっても21周年に、ゼッケン21をつけ、TECH21カラーで臨むYAMAHA FACTORY RACING TEAMは、中須賀を中心にアレックス・ローズ、マイケル・ファン・デル・マークというワールドスーパーバイクを戦う2人というトリオで5連覇を、そしてYART Yamaha Official EWC Teamは、ブロック・パークス、マービン・フリッツ、ニッコロ・カネパで表彰台を狙う。

「TECH21カラーは、自分が生まれて間もないころのことなのでリアルタイムでは知りませんが、コミュニケーションプラザで見たり、先輩方に聞いたりしていたので、ヤマハのレース史の中でも記念すべきカラーリングで走ることができるのは光栄なことです。昨年は、土曜日に転倒し、決勝を走らずに4連覇という結果でした。結果は出ましたが、悔しいレースになったので、今年は、アレックスとマイケルと組むのは3年目ですし、2人を引っ張って5連覇にチャレンジしたいですね」と中須賀。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 19:25
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年10月号
8月23日発売

定価880円(税込)

大特集:銀のバリ伝 その先のバイクライフ
新カタナ・カスタム特集
2019鈴鹿の暑い夏
別冊付録:世界初・日本発 列伝

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事