ここから本文です

日本で「ツタンカーメンのエンドウ」が広まった理由、調べました

5/22(水) 19:50配信

ニューズウィーク日本版

<1922年にツタンカーメンの墓から発掘されたエンドウ(豆)の種子が発芽し、日本で今、そのエンドウが広く栽培されている――という話がある。これは果たして本当なのか。日本のメディアも罪深い>

去年10月に庭に植えたエンドウ(豆)が成長し、3月末からときおり収穫しては家で豆料理を作って楽しんでいた。今回はその顛末。

私がカイロに住んでいた2001年のこと。たまたまNHKラジオから出演依頼があり、「ツタンカーメンのエンドウ」について訊きたいといってきた。何でも、1922年、英国の考古学者ハワード・カーターがエジプトでツタンカーメンの墓を発掘したとき、副葬品だかでエンドウの種子が発見されたんだそうだ。

その後、それが発芽し、成長して、どんどん増えていき、今では多くの日本人がそのエンドウを育てて楽しんでいるのだという。わが家の庭に植えていたエンドウというのは実はそのツタンカーメンのエンドウなのである。

豆は順調に成長し、今年1月には青や紫の可憐な花を咲かせ、3月末ぐらいからは豆を収穫できるようになった。ふつうエンドウといえば、緑色のサヤだが、このツタンカーメンのエンドウのサヤは紫色である(ただし、中身の豆は緑)。収穫した豆は豆ごはん、スープなどでおいしくいただきました。

インターネットで検索してみると、実に多くの日本人がツタンカーメンのエンドウを育て、その栽培日記を楽しそうにつけているのに驚かされる。何しろ3000年以上前の墓から出た種が発芽したという触れ込みである。まさに古代エジプトの世界を追体験するようなロマンを感じさせる話ではないか。

実際、こうした栽培日記からは、多くの日本人が単に豆を育てて食べるだけでなく、遥か昔、遠く離れた古代エジプトに思いをはせているさまが読み取れる。先日もNHKでツタンカーメンの特集をやっていたが、つくづく日本人は古代エジプトが好きなんだなあと、あらためて納得してしまった。

実はNHKから依頼がくる直前、単なる偶然だろうが、アラビア語日刊紙のシャルクルアウサトが「日本人はツタンカーメンのエンドウ(バーズラーァ)を食べる」と報じていた。タイトルからも想像できるとおり、記事は、何で日本人はそんなもの食べてるんだ、というトーンであった。実際、当時、周りにいたエジプト人に聞いてみても、誰一人ツタンカーメンのエンドウを知らなかったのだ。

さて、もし、この記事を読んでいるかたで、古代エジプトのロマンを求めて、実際にツタンカーメンのエンドウを栽培している人がいらっしゃれば、ここから先は読まないほうがいい。かなり身も蓋もない話をします。

1/5ページ

最終更新:5/22(水) 20:01
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・ 2号
6/25発売

460円(税込)

【特集】残念なリベラルの処方箋
日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事