ここから本文です

「ミルクシェイクぶっかけ」で右派政治家に抗議──イギリス

5/22(水) 20:19配信

ニューズウィーク日本版

混迷するブレグジットと間近に迫る欧州議会選挙でヒートアップ

ブレグジットか否かで混迷を深めるイギリスでは、5月23日から投票が始まる欧州議会選挙を前に、右翼の政治家や活動家にミルクシェイクをかける抗議行動が頻発している。

ミルクシェイクぶっかけ事件3件の動画を見る


今年1月にEU離脱を党是に掲げる「ブレグジット党」を旗揚げし、今や支持率トップを走るポピュリスト政治家、ナイジェル・ファラージも被害者の1人。英北東部ニューカッスルの町で遊説していた20日に、ミルクシェイクの洗礼を浴びた。

それ以前には、右翼政党「イギリス独立党(UKIP)」のカール・ベンジャミン候補と、詐欺で有罪判決を受けた極右候補スティーブン・ヤクスリーレノン(別名トミー・ロビンソン)も被害に遭っている。

多くの人がこの騒動で留飲を下げ、面白いと喜ぶ一方で、政治的な暴力を是認し、笑って済ませる風潮は、危険な先例になりうると危惧する声もある。

ファラージにミルクシェイクをかけたポール・クロウサー(32)は警察に暴行容疑で逮捕された。

■抗議する権利を行使した?

クロウサーによれば、ぶちまけたのは近くのレストランで買ったキャラメルミルクシェイク。飲むのを楽しみしていたが、もっと有意義なことに使った、と彼は語った。

「ファラージが町に来ているとは知らなかったが、今しかチャンスはないと思った。ファラージのような連中に抗議する権利を行使しただけだ。彼がまきちらす悪意や人種差別感情がもたらす害に比べたら、ミルクシェイクがかかることなど大したことではない」

ファラージは事件を防げなかった警備担当者を叱りつけたという。その後彼は、イギリスのEU残留を支持する人々に対する批判をツイッターに投稿した。

「残念なことに、一部のEU残留派が過激化して、まともな選挙運動ができなくなっている。理性的で品位ある民主主義が機能するためには、敗者が敗北を認める必要がある。こんなことが起きるのは、(EU離脱を支持した)国民投票の結果を受け入れない政治家たちのせいだ」

ソーシャルメディアにはミルクシェイクをぶちまける様子を映したさまざまな動画が出回っており、模倣事件も起きている。

スコットランドのエジンバラでは、警察が地元のマクドナルドにミルクシェイクの販売を自粛するよう要請した。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 20:50
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-6・25号
6/18発売

460円(税込)

【特集】米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論
「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事