ここから本文です

【ボクシング】拳四朗のV6戦決定 7・12大阪で1位タコニンと

5/22(水) 17:30配信

ベースボール・マガジン社WEB

WBC世界ライトフライ級チャンピオン拳四朗(BMB)の6度目の防衛戦が決まった。7月12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第1競技場で同級1位ジョナサン・タコニン(フィリピン)との指名試合に臨む。22日、練習の拠点とする三迫ジムで発表された。同日はロブ・ブラント(アメリカ)対村田諒太(帝拳)のWBA世界ミドル級タイトル戦とともに行われる。

世界王者となってから初めての地元・関西リング登場に、拳四朗は「いつかはやってほしいと言われていたので、やっと叶えて嬉しい。沢山の応援を期待します」と笑顔を浮かべた。

挑戦者のタコニンはこれが3度目の世界挑戦となる32歳のサウスポー。2016年にはガニガン・ロペス(メキシコ)に判定で敗れている。拳四朗はその翌年にロペスからタイトルを奪い、昨年の再戦では左ボディ一発で2回KO勝ち。この間にサウスポーのガニガン対策として、フィリピン合宿で12ラウンドほどタコニンとスパーリングをしており、挑戦者の実力のほどは確認済みだ。

「パンチはある方ですね。基本的に振ってくる選手なので、前半は気をつけて、ジャブを使って距離を保ちながら攻めていきたい」

かつてはあったというサウスポーへの苦手意識も、ロペスとの2戦を経て払拭。2戦目の鮮やかなKOも手伝い、今では得意と感じるまでになった。

3連続KOで迎えた前回のV5戦では、倒そうという意識が力みにつながったというが、今回も最大のテーマが「距離感」であることは変わらない。

「考えすぎたら固くなっちゃうので、無理に意識せず、流れの中で倒せるチャンスをつかめたら……」

目指すは具志堅用高の防衛記録、V13。他団体の王者との統一戦にも興味を示しつつ、拳四朗はベルトを守り続ける覚悟を示した。

取材◎藤木邦昭

ボクシング・マガジン編集部

最終更新:5/22(水) 17:30
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事