ここから本文です

MQA-CD再生対応アクティブスピーカー、クリプトン「KS-9Multi+」は5月30日発売

5/22(水) 18:40配信

PHILE WEB

(株)クリプトンは、MQA-CDのダイレクト再生に対応したアクティブスピーカー最上位モデル「KS-9Multi+」を5月30日より出荷開始すると発表した。当初は昨年12月中旬発売がアナウンスされていたが、発売が延期されており、今回正式な発売日が決まったかたちだ。価格はオープンだが、28万円前後での実売を想定する。

2017年発売の「KS-9Multi」の後継モデル。192kHz/24bit PCMやDSDの再生に対応したUSB入力を搭載。光デジタル入力、さらにはHDMI入力も備えており、ブルーレイプレーヤーなどと直接接続して再生することもできる。

KS-9MultiはUSB経由でのMQA再生に対応していたが、本機ではHDMIや光デジタル経由で入力されたMQA-CDの再生にも対応。MQAフォーマットをフルデコードして再生できる。

MQA-CDの具体的な再生方法として、CDプレーヤー等と光デジタル接続、あるいはBDプレーヤー等とHDMI接続して行うことが想定される。

最終更新:5/22(水) 18:40
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事