ここから本文です

乃木坂46和田まあや、4期生の振り入れをサポート「たくさん覚えなきゃいけなくて、大変だと思うから」

5/22(水) 12:12配信

リアルサウンド

 乃木坂46のメンバーが、毎週月曜~金曜に日替わりで出演するライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび』。5月21日の配信には、 和田まあやが登場した。

 まずは毎回恒例となっている宿題のコーナーから。前回配信を担当した伊藤かりんが用意した宿題は「私への気持ちを英語で話してね」というものだった。この宿題を受けて和田は「う~ん……」と少し悩んだのちに、「かりん is 和田アキ子! You beautiful sing voice Big voice!」と一言。どうやら、歌が上手で声が大きく、メンバーから「乃木坂の和田アキ子」だと形容されていることを表現したらしい。さらに「I cry 卒業寂しい」と、5月24日に横浜アリーナで行われるアンダーライブをもって乃木坂としての全活動を終える伊藤との別れを惜しんでいた。

 続いて、最新シングル『Sing Out!』の話題に。和田はアンダー楽曲「滑走路」に参加しており、同曲のMVに少しだけ映る「走るシーン」について言及。そのうえで「全力で走り過ぎてすごいこけちゃって、その時の傷がね、ここと、ここと、ここと……」と手に刻まれた計4個の傷をカメラに見せ「全部残っちゃったの~。でも、これは思い出だと思ってる!」と明るく話していた。

 また、MVの撮影時には、ロケ先の熱海にて空き時間にアンダーメンバーで現地の神社へお参りに行ったり、地のものを使った美味しい料理を食べたりしたらしく「撮影を楽しみつつ、みんなとワイワイもしました!」とうれしそうに振り返った。

 その後、各曜日の担当メンバーが優勝賞品をかけて競い合う「のぎおび選手権」のコーナーへ。今週の種目は「赤玉掴み」。これは、赤い玉と白い玉が入ったボックスの中に手を入れて、何回連続で赤い玉を引けるか競う番組オリジナルの競技だ。

 昨日の伊藤が残した記録は1個。さすがにこれは超えるだろうと、ボックスに手を入れた和田が最初に引き当てたのは白い玉だった。「えっ、白? そしたらどうするの? 1回目で白が出たら0? えっ、終わり!? えっ、終わったの~!? 嫌だ! めっちゃショック!(笑)」と笑顔で悔しがっていた。

 次に、配信時間が8分ほど余ったので、視聴者からの質問へ答えていくことに。「4期生と話した?」というコメントが寄せられると、和田は「4期生はいっぱい曲覚えなきゃいけないじゃん。大変だと思うから、4期のリハ終わりにダンスの振り入れを一緒にしてきました」と、ダンスが得意な和田らしいサポートをしていることを明かす場面も。

 ラストには、本日水曜日に配信を担当する桜井玲香への宿題を決めることに。和田は「じゃあ、シンプルにいきます」と言って、宿題用のフリップボードに「まあやの好きなところをいってー!!」と書いて配信を締めくくった。

こじへい

最終更新:5/22(水) 12:12
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事