ここから本文です

「先生、僕、研究者になりたいんですが」……悩める若手にどう答えるべきか

5/22(水) 11:00配信

文春オンライン

 「失礼します」。研究室のドアをノックする音がする。あれ気づかなかった、もう約束した時間になったんだ。もちろん、入っていいよ。

この記事の写真を見る

 新年度もはじまってもうすぐ2か月になろうとしている。大学4年生にとっては今が就職活動のピーク。そろそろリクルートスーツにも慣れ、筆記試験にまた、最終面接に忙しい日々を過ごしている頃である。そしてそれは同時に彼らにとっては、自らの人生の大きな分かれ目となる時期でもある。経団連の会長自ら「終身雇用はもはや維持できない」と明言する今日においても、多くの人にとって最初の就職先の選び方は、彼らのその後の人生を大きく左右する事になるからだ。

 そしてだからこそ、このシーズンになると、大学院専任教員である筆者の研究室にも、時おり、学生達が訪れる事になる。そう大学生の中には、このタイミングで大学院受験を正式に決定し、下見を兼ねて志望する大学院や指導教員の元を訪れる人もいるのである。学部とは違って、専門性の高い大学院は良くも悪くも指導教員との距離が近く、その選び方で何が学べるかが大きく変わってくる。学生さんには近い分野に見えても、少し専門が異なれば教える事すら不可能な分野も少なくない。こいつは一体どんな奴で、どんな事を教えてくれるのか。だからこそ、将来の大学院生にとって、指導教員の見極めは、時に就活生にとっての会社選びと同じくらい重要だ。「学部は大学のネームバリューで決めるけど、大学院は指導教員で決めるものだ」とあるとは、筆者の親しいアメリカの研究者の言葉であるが、全く同感だ。

 そして、この時期の学生達との顔合わせの重要さは、教員の側にとっても同様だ。自分が指導できない分野の学生を受けいれても、指導教員も学生も不幸になるだけだからである。とはいえ、厄介な事もない訳ではない。なぜならこの段階では必ずしも、学生が研究したい事がはっきりしていない事も多く、またやりたい事がある程度決まっていても、学生がそれを教員の側に上手く説明できるとは限らないからだ。だからこそ、大学院担当教員の側も、学生さんとの話に時間を割き、彼らが何をやりたいのかを、一つ一つ丹念に聞いて行く事になる。

 とはいえ、それは嬉しい作業である。だって、学生さんが自ら、数多くいる大学教員の中から、自分を将来の指導教員候補に選んで来てくれているのだから。その中には筆者が書いた本や論文を沢山読んで準備してきた人もいれば、ウィンドウショッピングさながらに、余り調べもせずに飛び込みで研究室にやってくる人もいる。その中には、韓国政治研究者である筆者の研究室に来て韓国語の本の山を見て、「先生、ハングルが読めるんですか」という学生もいるくらいだ。それでも一向に構わない。何故ならここからこそが教員の腕の見せ所だからだ。

1/4ページ

最終更新:5/22(水) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事