ここから本文です

《千葉・市川》妻の “自殺” を手伝ったと供述する夫の「病弱な素顔」

5/22(水) 21:00配信

週刊女性PRIME

「容疑者は、自分で首を絞めて死のうとしていた奥さんの姿を見て、早く逝かせてあげよう、楽にしてあげようと思って絞めたと話している。ただ、その状況を知っているのは容疑者本人しかいない。

 捜査員が駆けつけたときは、布団の上で被害者があおむけに寝ている状態だった。首に何かが巻きついていれば一目瞭然だが、医療用カテーテルのような半透明のチューブが自宅にあった。慎重に捜査をしなければならない」(捜査関係者)

 千葉県行徳署が今月6日、妻の久美さん(66)の首を絞めて殺害したとして千葉県市川市の無職の夫、堀池徹容疑者(68)を逮捕した事件。10連休中の5日午後9時すぎ、次男の110番通報によって発覚した。

母親の介護

 事件現場は、東京メトロ東西線南行徳駅から徒歩約10分にある大型マンションの10階。夫婦2人で暮らしていた。

 堀池家を知る男性が話す。

「(容疑者の)徹さんは魚市場関係の仕事をしていて、病気のため早期リタイアしたらしい。パーキンソン病のほか、膀胱がんの手術を2回していて薬が手放せなかった」

 3年ほど前に亡くなった母親は生前、徹容疑者の体調を心配し、「自分より先に息子に逝かれたら困るんだ」と周囲に漏らしていたという。

 徹容疑者はよく、船橋市内の一軒家にひとりで暮らす母親のもとに通っていたという。

 近所の主婦の話。

「週に2~3回ぐらいでしょうか、ここに来て、献身的に介護なさっていました。

 車いすにお母さんを乗せて散歩に出かけたり、スーパーに買い物に行く姿はよく見かけました。仲はよかったですね。ひとりっ子ですしね。

 徹さんも“親父は心臓病で急に亡くなったので死に目に会えなかったから、おふくろは大事にしているんだ”って言ってました。お父さんが亡くなったのは、10年以上前。

 子どもを連れて一緒に介護に来ることもありました。ただ、奥さまには1度もお会いしたことがないんです」

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 22:39
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事