ここから本文です

平均年収は1,700万円だが…意外と少ない「勤務医の退職金」

5/22(水) 11:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

退職金をもらうために

勤務医が退職金をしっかりともらうためには、勤務する病院が変わる際に新しく務める病院の退職金制度を事前に確認する必要があります。冒頭でお伝えした通り、退職金制度は法律で定められた一律のルールがあるわけではなく、病院が決めているものなので条件が細かく異なります。

退職金制度があるのか、退職金は毎月の給与に含まれているのか。さらに、退職金の計算方法も知っておきたいところです。退職金は、勤続年数別に設定された金額が支払われる「定額方式」、退職時の基本給に勤続年数と支給率を掛ける「退職時基本給」、役職や勤続年数をポイントにして計算する「ポイント制」など、さまざまなものがあります。そのほかにも、退職金が支給される年数は勤続何年以上なのか、という点も確認しましょう。

病院を移る際に退職金のことを第一に考えて動く医師は少ないかもしれませんが、退職金があるかないか、多いか少ないかは、老後の生活に大きく影響します。医師は収入が高くても、生活水準が高く支出も高いことがあるため、思ったよりも貯蓄に回せないケースが多いものです。その場合、退職金がもらえるか否かは大きなポイントになるはずです。

また、老後の資産形成を行ううえでは「投資」も効果的です。投資には、保険、証券、不動産などさまざまなものがありますが、勤務医には不動産投資がおすすめです。

退職金が出ないかもしれない、思ったよりも退職金が少ないかもしれない。今回のコラムを読んでちょっと憂鬱になった勤務医の方もいるでしょう。でも、定年時にそれに気づくよりも、若いうちに気付いて「老後に向けて対策を打つ」ことができると前向きに考えることもできます。できることからはじめてみてはいかがでしょうか。

秋葉 侑輝

2/2ページ

最終更新:5/22(水) 11:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事