ここから本文です

「日本と中国からオファーが」元韓国代表のアウクスブルクMF、Jリーグ入りの可能性が浮上

5/22(水) 5:44配信

SOCCER DIGEST Web

契約延長交渉がまとまらず、退団が濃厚

 ブンデスリーガのアウクスブルクに所属する元韓国代表MFのク・ジャチョルに、アジア帰還の可能性が浮上している。

【PHOTO】オシャレすぎるデザイン! マンCやバルサが公開した斬新ユニホームまとめ

 独老舗サッカー専門誌『kicker』が「ク・ジャチョルはアウクスブルクでの通算5年6か月(のプレー)に区切りをつけ、退団する意向のようだ」と報じた。

 ク・ジャチョルは、ヴォルフスブルクに所属していた2012年1月、レンタルでアウクスブルクに加入し1年半プレーした。その後いったん保有元に戻り、マインツを経て、再びアウクスブルクのユニホームに袖を通したのが15年8月。今度は完全移籍で、その後4年に渡ってチームを支えた。

 同誌によれば、ク・ジャチョルはこの6月で契約が満了するため、マーティン・シュミット監督の希望もあり、クラブ側から契約延長のオファーを受けていた。だが、交渉は難航し、合意は難しい状況だという。

 ク・ジャチョルは引き続きブンデスリーガでのプレーを望んでいるようだ。だが、クラブ名は明かされていないものの、すでに日本と中国から具体的なオファーが届いているという。ドイツ国内で納得のいくオファーが来ない場合には、Jリーグ入りを選ぶ可能性もある。

 アスクスブルク残留を望んだように、30歳になったとはいえ、まだまだ老け込む年ではない。ブンデスリーガで約8年半プレーしてきた実力者の去就に、注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:5/22(水) 5:44
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事