ここから本文です

井上尚弥、米リング誌のPFP4位浮上に興奮「やばい!これは凄く名誉ある事だ」

5/22(水) 9:30配信

THE ANSWER

全階級最強ランクで自己最高記録、ゴロフキンら抜き夢の3傑目前に反応

 ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」が21日、全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)が3つランクを上げ、自己最高の4位に選出されたが、井上自身も反応した。

【画像】井上に意外すぎる才能!? 「普通にうまくてびびる」とネット話題…“尚弥画伯”が記したドラえもんイラストの実物

 井上は衝撃の259秒KOを演じたロドリゲス戦前の7位から一気に4位に上昇。昨年5月に記録した5位を上回り、自己最高となった。PFPは全17階級あるボクサーの実力を比較し、最強選手をランキング化したもの。日本人の軽量級選手が世界3強が目前に迫った価値は大きい。井上自身もツイッターで反応し、興奮気味にこうつづった。

「やばい!これは凄く名誉ある事だ。。」

 それもそのはず、上位は中・重量級の世界的ボクサーばかり。1位は「精密機械」こと、世界最速の3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、2位はWBOウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)、3位はミドル級3団体王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。井上がそれに続いた格好だ。

 さらに今回、井上が抜いた3人のボクサーもスター揃い。5位はクルーザー級の3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、6位はIBFウェルター級王者エロール・スペンス・ジュニア(米国)、7位の元ミドル級世界王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)という猛者を一気に抜き、トップ5傑入りを遂げた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事