ここから本文です

なぜ、エリートが生まれる? 野球部で過ごした2人が思う「早慶の体育会」の強さ

5/22(水) 10:33配信

THE ANSWER

「内田聖人&谷田成吾対談第3回」―高校から7年間過ごした2人が感じた“つながり”

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の25歳がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

【動画】MLB傘下球団とも激突…米強豪独立Lと契約した内田聖人の米トライアウト実際の投球シーン


 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならなかったが、以降は日本で四国IL徳島でプレー。NPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 そんな2人がこのほど対談。米国挑戦の背景から2人が育った早慶野球部の秘話、現在の野球界に思うことまで本音で語り合った。今回のテーマは「早慶の体育会」。前編となる第3回は、高校から7年間過ごした2人がなぜ早慶を選び、実際に体育会で感じた空気を語る。エリートが生まれるイメージが強いが、その要因とは――。次世代の高校生にとっての進路選択のヒントを探る。

 ◇ ◇ ◇

――2人は高校から早稲田と慶応の出身。なぜ、早慶を選んだのか。

内田「自分は中学校まで公立。当時は勉強ができたので高校は頭が良く、野球が強いところに行きたくて、スポーツクラスがないところと考えたら、早実か慶応に絞られた。中学生ながらに、野球だけの人間になりたくなかった。早実にしたのはユニホームが好きだったというのも大きい」

谷田「中学の時は最初、『帝京からプロに行きたい』くらいしか考えてなかった。大学なんて頭の片隅にもない。たまたま自分を(AO入試で)見つけてもらって、という感じ。その中で、早実、慶応、桐蔭学園の話があり、早慶で迷ったけど、上田誠さん(当時監督)の考え方が好きだった」

――そういう時に将来を含めた早慶のブランド力は考えた。

内田「やっぱり伝統も考えた。斎藤佑樹さんの代で優勝して凄い学校と思ったし、田舎出身(静岡・伊東)だったので早稲田なんて行く子もいない。だから、早稲田のブランドに対する憧れも正直あった。ただ、入ったらそのブランドは今までの人が形成してきたものなので、結局は自分次第。でも、野球部の場合はユニホームの憧れも大きくない?」

谷田「ユニホームがカッコいいというのは頑張れる要因になるよね」

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 10:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事