ここから本文です

【MLB】必見のスローVTR!? 米最強左腕、美的な“超回転カーブ”に米恍惚「ずっと観ちゃう」

5/22(水) 11:31配信

THE ANSWER

ド軍カーショーが投じた宝刀に反響、球団「私たちも同じように凝視した」

 米大リーグ・ドジャースのクレイトン・カーショー投手が21日(日本時間22日)のレイズ戦に先発。6回1/3を2失点の好投で無傷の4勝目を挙げたが、2回に見逃し三振を奪った“超回転カーブ”がファンを魅了した。実際のシーンを球団が動画付きで公開し、「とんでもないな」「超キレイ」「ずっと観ちゃう」と喝采が起こっている。

【動画】必見のスローVTR!? 「ずっと観ちゃう」「超キレイ」と米ファン恍惚…カーショーが投じた“超回転カーブ”の実際の瞬間

 これが、米最強左腕の代名詞だ。ドジャースが1-0でリードして迎えた2回2死一塁、カーショーは1-2からの4球目で宝刀を抜いた。大きく腕を振って投じられた白球はふわりと高めに浮く。打者ロバートソンの視線も上がった次の瞬間だ。ベース手前で急激にブレーキが利き、沈んでくると外角のやや高めいっぱいを突いた。タイミングが外された打者のバットはピクリとも動かない。

 見逃し三振だ。これには敵地のファンからどよめきが起き、実況も驚いた様子。その凄さがよく伝わったのがスローリプレー。ボールに凄まじいスピンが利き、カーブのお手本のようにブレーキがかかって落ちている。球団公式インスタグラムが「とても美しい。私たちも同じように凝視した」と喝采とともに映像を公開すると、目の当たりにした米ファンも恍惚の声が漏れている。

「とんでもないな」
「素晴らしいピッチング!」
「アンフェアだ!」
「超キレイ」
「素晴らしいピッチングに素晴らしいフレーミング」
「ずっと観ちゃう」
「最高」

 このようにコメント欄も大盛り上がり。結局、6回1/3を2失点で4勝目を挙げたカーショーだったが、代名詞の宝刀カーブの威力が際立っていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事