ここから本文です

井上尚弥、ロドリゲス陣営の“天罰”に米辛辣「父に手を出すな、さもないと地獄が…」

5/22(水) 15:19配信

THE ANSWER

突き飛ばし騒動から痛快KOに米メディア「イノウエの父にちょっかい出すべからず」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。渡英後の公開練習ではロドリゲス陣営の練習を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされるなど騒動となったが、鬱憤を晴らす痛快な圧勝を演じた。米メディアは一連の模様をまとめた動画を公開し、「イノウエの父にちょっかいを出すべからず。さもないと地獄が待っている」と怒りの逆襲劇をクローズアップしている。

【動画】「さもないと地獄が…」と米脚光! 父の突き飛ばし騒動から衝撃259秒KOまで…DAZN USAが公開した井上の“怒りの逆襲劇”の実際の投稿

 痛快な圧勝劇に反応したのは、スポーツチャンネル「DAZN USA」だった。公式ツイッターに興味深い動画を公開している。ロドリゲスの公開練習を視察した真吾氏。リング上でシャドーボクシングするロドリゲスを撮影していると、トレーナーのウィリアム・クルーズ氏が歩み寄った。そして、真吾氏を左手で突き飛ばし、撮影を止めさせようとした。

 突然の出来事に真吾氏はもちろん、周囲の関係者も驚いた表情。一触即発の事態は大会公式サイトも報じ、海外で波紋を呼んだ。しかし、勝負のリング上で逆にぶっ飛ばしたのは、井上の方だった。怒りをぶつけるように2回に左で鮮烈な初ダウンを奪うと、2度目のダウンではロドリゲスが鮮血を流し、呆然とした表情で首を振る。そして、3度目のダウンでついに試合を決した。

「DAZN USA」は一連の模様を58秒の動画にまとめて公開した。そして、こうつづっている。「ルール1:イノウエの父にちょっかいを出すべからず。さもないと地獄が待っている」――。井上陣営に対して無礼な振る舞いをしようものなら、天罰が待ち受けていると言わんばかりに海外ファンに伝えた。渡英から試合まで、ドラマに満ち溢れたモンスター劇場だった。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/22(水) 18:11
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事