ここから本文です

新川優愛「梅雨の季節にも、かわいいアイテムを身に付けると気持ちが晴れます」

5/22(水) 10:00配信

ウォーカープラス

ファッション誌「non-no」の専属モデルとして活躍する新川優愛さんが、5月18日に千葉・幕張メッセにて開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」に出演。

【画像を見る】「今年の春夏は肩が片方だけ出ているようなワンショルのアイテムが気になります」新川優愛さん

「ガールズアワード」への参加は、今回が10回目となる。節目を迎えた新川優愛さんに、イベントへの想いや、春夏のファッションのことなど、お話を聞かせてもらった。

――10回目の出演となった「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」はいかがでしたか。

【新川優愛】10回目!もうそんなに出演させていただいているんですね。最近は、お芝居や雑誌の撮影などのお仕事をさせていただく機会が多くて、応援してくださっている皆さんと直接ふれあえる機会が減ってきてしまっているので、ガールズアワードは貴重な時間です。皆さんとの距離も近いですし、生で皆さんの声を聞いたり、笑顔を見られたりすると、やっぱり元気をもらえます!

――今回の衣装について教えてください。

【新川優愛】レインコートを着て、雨をイメージした雰囲気でランウェイを歩かせていただきました。持って歩いた傘と、レインコートが同じあざやかなガラだったのですが、これから、梅雨の季節にも、かわいいアイテムを身に付けると気持ちが晴れますし、雨が降っててもハッピーな気持ちになれるかなと思います。

――個人的に注目している今年の春夏のファッションは?

【新川優愛】いろんなブランドさんから、肩が片方だけ出ているようなワンショルのアイテムが最近たくさん出ていて、雑誌の撮影でも着用させていただくことが多いので、そういったアイテムを活用したいです。重ね着もして、アウターを脱いだ時に肌が大人っぽく見えるような… ヘルシーさが出せたらいいかなと思っています。

――読者へのメッセージをお願いします。

【新川優愛】これからも、ずっとファッションショーに出演し続けられるように、ますます頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

撮影=槇野翔太 取材・文=千葉由知(ribelo visualworks)(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:5/22(水) 10:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事