ここから本文です

なでしこFW岩渕真奈、3度目のW杯に懸ける思い 「自分が優勝させる気持ちで…」

5/22(水) 10:40配信

Football ZONE web

怪我を乗り越え3度目のW杯へ グループリーグ1位通過すべく、アルゼンチン戦へ集中

 女子サッカーは2019年6月、一大イベントのワールドカップがフランスで開幕する。日本サッカー協会は10日、本大会に出場するなでしこジャパン(日本女子代表)のメンバー23名を発表。INAC神戸レオネッサのFW岩渕真奈は、自身3度目となる世界の舞台に立つことが決まった。

【一覧リスト】2019フランス女子W杯グループリーグ組み合わせ

 高倉ジャパンのエースとして期待されるストライカーは、2011年のドイツ大会以来となる世界一を目指すなかでどのような思いを抱いて大会に向かうのか。22日からいよいよスタートする直前合宿を前に、その胸中に迫った。

  ◇    ◇    ◇

 今回、3回目のワールドカップメンバーに選んで頂きました。1回目(2011年大会)で優勝、2回目(2015年大会)で準優勝を経験しましたが、当時はまだ若く、正直貢献度は高くなかった。試合にある程度出させてもらっているなかで迎える今大会への思いは強いです。

 今年は怪我で代表活動(3月:アメリカ遠征、4月:欧州遠征)に参加できずにここまで来ました。(以前プレーしていた)ドイツで試合をしたいという気持ちもあったなか、とにかくコンディションを戻してINACで全力で戦おう、と。開幕戦で(途中出場で)45分プレーしてから、徐々に(鈴木俊)監督が使ってくれて、フル出場できる状態まで上がってきた。カップ戦(4月13日のジェフユナイテッド市原・千葉レディース)で得点を取れたのは、自分にとって一つ大きかったと思います。

 フランスでのワールドカップは、アルゼンチン、スコットランド、イングランドと同グループです。スコットランドが初出場、イングランドには前回大会(準決勝)で勝っているとはいえ、2カ国とも私がドイツにいた時から良い選手がたくさんいて、難しい試合になるのは間違いありません。私自身、イングランドとはしばらく対戦していないので、アメリカ遠征(2019 SheBelieves Cup)で戦った選手に訊かないといけないかな、と。アルゼンチンとは対戦したことがなくて、どんなチームなのか分からない部分があります。ただ、グループリーグは1位で通過しないとその先が厳しくなってしまう。まずは、初戦でアルゼンチンにしっかり勝つことが大事だと思います。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 10:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事