ここから本文です

沢尻エリカ、岡田准一とのラブシーンの裏側を告白「監督は“欲しがり屋さん”なので(笑)」<白い巨塔連載(1)>

5/22(水) 8:00配信

ザテレビジョン

山崎豊子の傑作小説を原作に、大阪の大病院で繰り広げられる壮絶な権力争いを描いた岡田准一主演の5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子「白い巨塔」(夜9:00-10:24ほか、テレビ朝日系)が、5月22日(水)よりスタートする。

【写真を見る】真っ赤なドレスで妖艶な魅力を放つ沢尻エリカ

原作の刊行から50年経った今、物語の設定を2019年に置き換え、岡田演じる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎が、自身の悲願である“教授の座”を目指してなりふり構わず邁進していく姿を映し出す。

ザテレビジョンWEBでは、同ドラマの出演者によるリレーインタビュー連載を実施。本リレー連載の第1回では、主人公・財前(岡田)の愛人で、バー「ラディゲ」のホステス・花森ケイ子を演じる沢尻エリカのインタビューをお届け!

沢尻に、撮影時のエピソードや共演者について、作品の見どころなどをたっぷり語ってもらった。

■ もう少し皆さんと交流したかった

――ケイ子役のオファーが来た時の感想を教えてください。

まず、あの名作をまたやるんだって思いました。私は黒木瞳さんがケイ子を演じた2003年版のドラマ(フジテレビ系)を見ていたんですけど、すごく好きな作品なんです。でも、ケイ子役が私でいいんですかという思いもあって(笑)。

緊張していましたけど、鶴橋(康夫)監督とは以前お仕事をしたことがありましたし、岡田さんもとても気さくな方だったので楽しくやることができました。

――岡田さんからは「ジリさん」って呼ばれていたそうですね?

そうなんですよ(笑)。初めて言われましたね。すごく親しみを込めて呼んでくださったのでうれしかったです。岡田さんは現場のムードメーカー。スタッフやキャストと積極的に話してくれたので、いい雰囲気の中で撮影をしていました。

――ケイ子の登場は、ほぼ財前と一緒のシーンですよね。

裁判のシーンもほんのちょっとでしたから、もう少し皆さんと交流したかったですね。本当は(財前)五郎ちゃんの“総回診シーン”を見たかったんですけど、記者会見で岡田さんの“総回診”を見られたのでよかった。とても素晴らしかったです。

■ 怖いくらいに変わっていく、岡田さんの役作りがすごい

――鶴橋監督から何かアドバイスされましたか?

“色っぽく”やってくれと(笑)。私自身も、ちょっといつもより大人っぽくということを意識しながら演じていました。

――財前を支えるケイ子を演じる上で心掛けた点は?

ケイ子は大らかで愛情深い女性。五郎ちゃんを包み込んであげられるような大きな優しさを持った女性でいることを心掛けました。

――財前は物語が進むにつれて、どんどんと精神的に変わっていきますよね。

岡田さんは前半と後半で全然顔つきが違うんですよ。変わっていく様をずっと近くで見ていたので、最後の方は怖いぐらい。こんなに短期間で役を作り上げて変えて行けるなんて単純にすごいなと思いました。

――ケイ子としては、そんな財前をどう見ていたんですか?

五郎ちゃんが段々変わっていく姿は見ていてつらい部分もあって。好きだからこそ支えたいんですけど、変わっていくところを目の当たりにすることによって、2人の間に溝が生まれてしまう。最後は痛々しかったですね。

――気持ちが苦しいシーンで、鶴橋監督に相談したことはありますか?

監督は私のことを信頼してくださったので、自由にやらせていただきました。ただ、ラブシーンでは「もっと絡んでほしい」といった細かい要求がありました。監督は“欲しがり屋さん”なので(笑)。

■ 監督から『もっと行け!』と言われて

――ラブシーンでは監督が身振り手振りを交えて演出したという話を聞きました。

それは本当の話です(笑)。岡田さんとは今回が初共演だったんですけど「初めまして」のあいさつの後すぐにキスシーンでしたから。

――いきなり「ブチュー!」だったんですね(笑)。

そうなんです(笑)。緊張するし、私は人見知りな性格なのでどうしようかなと思いながら最初は軽めに行ったら、監督から「もっと行け!」って言われて(笑)。

岡田さんが「任せてください」って引っ張ってくださったので、楽しくできたんじゃないかなと思います。ある意味、最初からそういうシーンを撮ったので、自然と打ち解けることができました。

――沢尻さんから見て財前という男の生き方はどんなふうに映りましたか?

信念を持って何かに向かって行く姿はかっこいいと思いますけど、どんどん人間が変わっていくというところにもどかしさを感じたりもします。ケイ子も、ひたむきに生きていたころの五郎ちゃんのことが好きだったと思うので。

――財前の変化は周囲の人間に大きな影響を与えているということですよね。

いろいろな争いの中で葛藤することも多かったと思いますけど、そこまで追い詰められるものなのかと。五郎ちゃんの変化にはすごく“闇”を感じました。ケイ子としては元の五郎ちゃんのままでいてほしかったんだろうなと思います。

■ 結婚するなら里見さん(笑)

――財前の妻・杏子(夏帆)と対峙するシーンも見どころの一つですね。

今回は、あからさまなバトルみたいな感じではないんですけど、バーで対面するシーンがあって。ケイ子は完全に受け身なんです。杏子さんの気持ちも分かるのですごくつらい。

彼女も五郎ちゃんのことを本当に愛していたんだなということが伝わってくるシーンになっていると思います。私もオンエアを見るのが楽しみです。

――沢尻さんは財前と里見(松山ケンイチ)だったら、どちらのタイプに魅力を感じますか?

これは難しいですね。基本的に権力争いとかに巻き込まれたくないので(笑)。できれば平穏に暮らしたいです。でも、向上心を持ってガンガン行くタイプはすごく好き。財前教授のそういうところはかっこいいですよね。

そんなエネルギーのある男性って、今は少ないじゃないですか。財前教授のような生き方ってなかなかできることじゃないですし、男らしいなと思います。

――ちなみに、里見さんは?

結婚するんだったら里見さんがいいかな(笑)。平穏な生活を送れそう。2人ともいいところがあって、それぞれに魅力的でよね。

■ 健康志向に変わってきて

――「令和」の時代に突入しましたけど令和の“和”にちなんで、最近和んだ瞬間をお伺いしたいのですが。

今、料理を勉強していて。和食の料理教室に通い始めたんですよ。料理を作っている時は和んでいるんじゃないかなと思います。

――料理をしようと思ったきっかけがあったんですか?

もともと全然作らなかったんですけど、最近健康志向に変わってきて。お肉より、お魚と野菜中心の食生活を心掛けたいなと。そう思っていた時に、ちょうど好みのケータリングと出合ったんですよ。

たくさん野菜を使っているし、上品な味ですごくおいしいんです。「これを作りたい!」と思って、そのケータリングを作っている方の料理教室に行くことにしました。

――最近作っておいしかった料理は?

枝豆と梅干しの炊き込みご飯。さっぱりしていておいしかったです。料理を作っていると無心になれるし、おいしいご飯を食べて健康にもなれるなんてすごく楽しいなって。ことしはもっと料理を学んで、いろんなメニューを作ってみたいです。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

最終更新:5/22(水) 19:58
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事