ここから本文です

松山英樹、全米プロ16位。 最終日に失速した原因は何だったのか

5/22(水) 6:37配信

webスポルティーバ

今年から5月開催となった今季メジャー第2弾の全米プロ選手権(5月16日~19日/ニューヨーク州)は、ブルックス・ケプカ(29歳/アメリカ)が大会連覇を遂げた。一方、日本期待の松山英樹は、3日目終了時点で首位と8打差の6位タイまで浮上したが、最終日に「77」と崩れて通算3オーバー、16位タイに終わった。

【写真】あの美女ゴルファーは今

 舞台となったのは、全米屈指の難コースとして知られるベスページ・ステートパーク・ブラックコース(7459ヤード、パー70)。大会前、練習ラウンドを終えた松山はその難しさについて、こう語っていた。

「(距離が)長いですね。普通のPGAツアー(の試合)ではあまりない。フェアウェーも狭くて、先週(AT&Tバイロン・ネルソン選手権/トリニティフォレストGC)の3分の1ぐらいしかないですし、ここまで深いラフでプレーするのも久しぶり。

(コース攻略のカギになるのは)ティーショットとグリーン周りじゃないですか。ショットの正確性がなければ、攻略できないと思います。この狭いフェアウェーに対して、どう打っていくか。マネジメントというより、とりあえず真っ直ぐ打つ能力、曲げながらでも(ボールを)フェアウェーに置く技術が必要で、ティーショットがすごく大事になる。

 そして、やっぱりグリーン周り。ティーショットがラフに入ると、(セカンドは)レイアップというか、グリーン周りにまで持ってこられればいい、という戦いになると思うので。とにかく、ミスを少なくしていかないと、上位にいけないと思います。(自らの調子は)少しずつよくなってきているので、自分に期待する部分もありますし、不安な部分もあります」

 迎えた初日、インスタートの松山は2オーバーでハーフを終えたが、アウトで盛り返してイーブンパーの「70」。17位タイとまずまずのスタートを切った。

「スタートの10番でパーを取れて、11番でいいバーディーがきたので、流れよくいけるかなと思ったんですけど、(14番と17番の)ショートホールでボギー。そこはちょっと予想していなかった。グリーンがちょっと速かったな、と。それで、そのあともうまくパッティングが打てなくて、(アウトの1番でも)ボギーを重ねてしまった。まあ、『アンダーパーで回りたいな』というのはありましたけど、(全体的には)悪くないと思います。」

1/3ページ

最終更新:5/22(水) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事