ここから本文です

『なつぞら』が絶好調、渋谷センター街で異例の「中打ち上げ」

5/23(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 泥酔した若者の声が明け方まで響き渡る東京・渋谷のセンター街。5月中旬の夜、この“眠らない街”の一角に、数台のワンボックスカーが停車した。続々と降りてきたのは、夜の街には似つかわしくない“朝の顔”──。

【写真】スリット入りのスカートから生脚がのぞく松嶋菜々子

「実はその日、NHKの連続テレビ小説『なつぞら』の“中打ち上げ”が行われていたんですよ。『なつぞら』は、4月には最高視聴率となる23.6%を記録し、5月に入っても20%超えを連発するなど絶好調。現場のムードもよく、懇親会という名目で、撮影期間中に打ち上げが開催されたそうです。

 ヒロインのなつを演じる広瀬すずさん(20才)はもちろん、松嶋菜々子さん(45才)、藤木直人さん(46才)、草刈正雄さん(66才)ら前半の主要キャストや、スタッフなど合わせて120人ほどが集結。お店を貸し切りにして、3時間ほど盛り上がりました」(NHK関係者)

 朝ドラの打ち上げは5つ星ホテルの宴会場などで行われることが多かったが、今回会場となったのは、センター街の奥に位置するダイニングバー。普段は洋楽のヒップホップが大音量で流れ、外国人や学生たちでごった返す。店内のダーツを楽しみながら、ナンパに興じる客も見かける店だ。

 ピザやポテトフライなどの食事のコースに飲み放題がついて3500円~と、いかにも若者向きでコスパがいい。

「スタッフのお気に入りの店で、NHKから近いということもあって白羽の矢が立ったそうですが、松嶋さんや草刈さんがこの店にいるのは違和感がありましたね(笑い)。ただ、費用の面では助けられた人も多かったようです。国民の受信料で成り立っているNHKのドラマの打ち上げは会費制で、出演者も含め参加者全員から徴収するのですが、会場がホテルだと1人6000円はとられるところ、今回は4000円で済んだので」(前出・NHK関係者)

 異例だったのは会場だけではない。実は、朝ドラの撮影中に打ち上げが行われること自体が珍しいのだという。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事