ここから本文です

失敗しない餃子の作り方 3つの基本ポイントは?

5/23(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

【7】まず、皮の真ん中を圧着する
 上下の皮を重ねた真ん中を親指と人差し指で圧着。ここが皮包みの失敗防止のポイント。

【8】左右からひだを作る
 右側から左手の親指に皮を被せるように2~3つひだを作る。逆側も同様にする。裏返し、裏側のふちが平らになるよう親指で成形。皿に並べる前に、上からちょんと押し付けて底面を作る。

■餃子を焼く

【9】餃子を並べる
 フライパンを温めてサラダ油(分量外)を小さじ1入れて熱し、餃子を手早く並べる。

【10】熱湯を注ぐ
 焼き色が付いたら餃子が半分浸るくらいまで熱湯を注ぎ、蓋をして強火のまま蒸らす。

【11】箸で形を整えごま油をさす
 完全に蒸発する前にごま油(分量外)を小さじ1回し入れ、強火のまま再度蓋をする。

【12】皿に盛り付ける
 焼き音がなくなったら火を消す。小さめの皿でおさえながら、油を切って完成。

※女性セブン2019年6月6日号

2/2ページ

最終更新:5/23(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事