ここから本文です

成功しているセレブ5人の“ヘルシーな朝活”

5/23(木) 18:14配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 最近、日本でも“朝活”に力を入れている人が多い。けれどこれはただの自己満足ではなく、人生をよりよくすることに関係があると言えそう。なぜなら、成功している人ほど早起きで美意識が高い傾向があるからだ。それは海外でも同じ。
 そこで今回は、ヘルシーな朝活をしているセレブ5人のルーティンをのぞいてみよう。彼らが成功している秘密が分かるかも!

【写真】美ボディを保つために、40歳までにやめるべき13の習慣

ナオミ・キャンベル

元祖スーパーモデルで、いまも現役のナオミ・キャンベルは、毎朝5時起き。最初にすることは、レモンとプロバイオティクスを白湯に入れて飲むこと。その後、ヨガかピラティスをして、青汁を大きいグラスで1 杯飲むとか。「シャワーのあとのスキンケアは、クリームとアイクリームだけ。最近はみずみずしいタイプのセラムも使っているわ。重たいテクスチャーのハードな保湿剤は毛穴を詰まらせる原因になるから、選ばないようにしているの」とコメント。そのほか、1週間に2、3回はジュースクレンズまでも! 徹底した朝の美容習慣に脱帽。

出典:US版『Harper's BAZAAR』

グウィネス・パルトロウ

ヘルシーなライフスタイルで知られる女優、グウィネス・パルトロウは、なんと4時30分に起床! 週に6回は、朝ヨガをしているという。「私は朝型人間じゃないけど、早起きは自分で決めてやっていること。自分には厳しくしているの。ヨガをして、キレイなものを食べると、気分がとてもよくなるわ」。グウィネスといえば、“クリーンイーティング”と“クリーンスリーピング”を実践していることでも話題。最低7~8時間の質の高い睡眠をとることや、食事は3食を12時間以内に済ませることを明かしている。

出典:『people』、UK版『Cosmopolitan』

ミシェル・オバマ

前アメリカ大統領バラク・オバマの妻であるミシェル。さすがはデキル女の代名詞である彼女らしく4時30分に起床して、たくさんのエクササイズをこなすのだそう。トレッドミル(ランニングマシン)、縄跳び、キックボクシングのほか、もう少し時間があればピラティスもやりたいと語っているほど。また、朝に優先的に運動をしている理由として、「自分の幸せは、自分自身をどう思うかに直結していると信じているから」。そして、「母親として、自分自身のケアをしっかりできる女性であることを娘たちに見てもらいたいから」だということも明かした。女性のかがみ!

出典:『The Oprah magazine』

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 18:14
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい