ここから本文です

日本のマンガを多角的に紹介:大英博物館で国外最大規模の展示

5/23(木) 10:16配信

nippon.com

トニー・マクニコル Tony McNicol

日本国外では最大規模の漫画展が5月23日から大英博物館で開催される。漫画が日本でどのように生まれ、アニメ、ゲーム、コスプレといった文化現象として世界中にいかに広まっていったのか、担当キュレーターに聞いた。

---

5月23日から8月26日までロンドンの大英博物館で日本の漫画をテーマにした「The Citi Exhibition Manga」展が開催される。約50人の漫画家の70作品余りが展示される。日本国外で開催される漫画展としては過去最大規模で、大英博物館内でも有名なセインズベリー・エキシビジョン・ギャラリーを会場として使用するのは、日本関連の展覧会では初めて。さらに、現役アーティストの作品を中心に紹介する展覧会は大英博物館にとって初の試みだ。

今年はラグビーワールドカップが日本で開催、来年は東京五輪・パラリンピックが開かれる。この時期に漫画展を開催することは、日本にとってまさに良いタイミングだとキュレーターを務めるニコール・クーリッジ・ルスマニエール氏は言う。漫画展が日本と英国の文化交流の幕開け的存在になるからだ。

今回の漫画展は1990年代半ばから2000年代前半生まれのジェネレーションZ(Z世代)と呼ばれる若者をメインターゲットにしているが、「大英博物館によく足を運んでくれる50代、60代の方々も含めて、全ての世代に楽しんでもらえます。普段、漫画を読まない人でも、漫画に詳しくなり、漫画とは何かがきっと分かると思います」とルスマニエール氏は語る。

展示は6つのゾーンで構成される。まず、玄関ホールに進むと、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』をテーマにした作品が飾られている。展示が本格的に始まる前から、来場者は漫画の存在を感じることができるのだ。『不思議の国のアリス』をはじめとした、ルイス・キャロルの作品はジョン・テニエルがイラストを描いており、日本の漫画、アニメ、ゲームに大きな影響を与えたと言われている。また、ルイス・キャロルの作品は日本語にも翻訳されている。三島由紀夫が『不思議の国のアリス』を翻訳し、最近では草間彌生が挿画を手掛けた『不思議の国のアリス With artwork by 草間彌生』も出版された。

最初のゾーン「The art of manga(漫画という芸術)」では、初心者でもわかるように、漫画の描き方や読み方など、基本的なことを紹介する。こうの史代による、12世紀の絵巻物鳥獣戯画を現代風にアレンジした4コマ漫画『ギガタウン 漫符図譜』のウサギのキャラクターが登場し、漫画特有の表現記号の読み方を教えてくれる。

ゾーン2「Drawing on the past(過去から学ぶ)」では漫画の歴史を解説。大英博物館を舞台にした星野之宣による『宗像教授異考録』に収録された『大英博物館の大冒険』を電子書籍で読むことができるほか、今年3月末で閉店した東京・神保町の老舗漫画専門店「コミック高岡」の内部を撮影した写真も飾られ、まるで書店の中にいるかのように感じる。

ゾーン3「A manga for everyone(全ての人に漫画を)」は、来場者に自分のお気に入りの漫画を見つけてもらうゾーンだ。スポーツ、冒険、SF、ラブ、エロス、ホラーなどさまざまなジャンルの漫画を展示する。

ゾーン4「Power of manga(漫画の力)」では、漫画と社会の関わりがテーマで、漫画ファン、コミケ、コスプレが社会に及ぼす影響を探る。

ゾーン5「Power of line(漫画家が描く線の力)」では、過去の作品から現代の作品までバラエティに富んだ作品を展示する。その一つが、1880年に画家の河鍋暁斎が描いた「新富座妖怪引幕」だ。長さ17メートルに及ぶ巨大な引幕には、妖怪と幽霊が描かれており、今にも作品の中から飛び出して来場者にまとわりつきそうな気配さえする。

最後の展示エリアとなるゾーン6「Manga: no limits(広がる漫画の世界)」では、前衛的な作品、ゲーム化された漫画などを紹介し、国際的な漫画の広がりに焦点を当てる。

1/3ページ

最終更新:5/24(金) 17:35
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事