ここから本文です

フランス外交には女性改革が必要だ

5/23(木) 15:05配信

ニューズウィーク日本版

<フランスも政府は男性が牛耳っている>

フランスは日本よりはるかにリベラルで、女性の立場も強い、というのは偏見です。政府レベルではどちらもあまり変わらないのです。民間企業では女性社長も多いですが、そういう女性はえてして男性と変わらないくらいお金に貪欲なのですから、その数が増えても人間社会が根本的によくなるわけではありません。

フランスの女性は多くの場合、個性が強く、一般教養のレベルも高く、ユーモアとロマンあるマイルドなフェミニストです。とても魅力的で、フランスの誇りだと私は確信しています。彼女たちが外国で大使になれば、世界中で「女性の地位向上」のために戦ってくれることは間違いありません。軍事力と経済力を失ったフランスはまだ外交大国でありたいというのであれば、女性による外交革命diplomatie feminineこそが必要なのではないでしょうか。

今年の夏には、外務省でも恒例の大異動が行われます。冒頭のリベラシオンの記事を読んだであろうマクロンの鶴の一声で、史上初の在日フランス女性大使が誕生するでしょうか。マクロンの信念が問われます。

フローラン・ダバディ

3/3ページ

最終更新:5/23(木) 16:25
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事