ここから本文です

インドにとっても「対岸の火事」ではない米中貿易戦争

5/23(木) 12:19配信

Wedge

 4月下旬に東京へ出張したが、ホテルのテレビで経済ニュースを見ていると、どのニュースも米中貿易戦争の話ばかり。

 奔放で歯に衣着せぬトランプ大統領の発言は、テレビで視聴率をとれるのもあると思うが、ご存じの通り、日本にとって中国と米国はともに輸出総額のおよそ2割を占める突出した1位と2位である。多くの日本企業の業績が「中国への輸出頼り」という状況が続いており、貿易戦争の激化による中国国内の景気後退を気にする人が多いのは間違いないだろう。

 米中両国は2018年から現在に至るまで、互いに関税の引き上げや、ファーウェイ、ボーイング社製品への規制など報復合戦の様相を呈しており、沈静化する気配はない。

 日本もその動きを気にしているものの見守ることしかできないようだ。実際、日経平均株価もこの交渉に関する日々の情報を受けて一喜一憂が続いている。

 一方、インドでも米中貿易戦争への関心は日本と同様に高い。さすがに4~5月はインドの下院総選挙の真っ最中なので新聞の一面を飾ることはないが、経済面は連日のようにこの話題に触れ、トランプ大統領のTwitterにおける発言まで追って解説している。

 もちろんインドにとっても中国と米国が主要な輸出先であることは間違いないが、中国への輸出は香港を含めても米国、UAEに次ぐ3位にとどまっている。国際競争力を有する国内の製造業が未発達であること、中印両国が複数地域で国境紛争を抱えていることもその主な原因と考えられる。それでも、日本と同じくらいの注目度でこの米中貿易戦争の動向を固唾を飲んで見守っている。

 それは、なぜか――。

インドが受けた「とばっちり」?

 このコラムでも再三指摘しているように、原油を筆頭に多くの原材料・中間財・製品を輸入に頼っているインド経済のここ数年の最大の頭痛の種といえば「安定しないルピー相場」である。インド政府や経済界はこの頭痛の種を注視し続けている。

 実際、昨年秋ごろの記録的なルピー安はインド経済にジリジリと大きなダメージを与えた。ルピー安による原油ひいては原材料価格の高騰が企業業績を悪化させ、インフレによる個人需要の後退を引き起こしたからだ。国内2位の大手航空会社ジェットエアウェイズをたった1年で操業不能に追い込んだのは記憶に新しい。

 今年に入り少し持ち直す傾向にあるものの、そんなルピー相場がこの米中貿易戦争の先行き不安に合わせて再び下落の兆しを見せている。

 米中の諍いの先行き不安から人民元は長いこと低調な相場を推移している。その影響が徐々にインドやトルコをはじめとした他の新興国通貨全体に及び始めたのだ。こればかりは為替市場の問題であるためインド政府もただただ「見守る」しかない非常にもどかしい問題なのだ。

 また、今年3月にトランプ大統領がGSP(Generalized System of Preferences: GSP)制度の対象国からインドを除外すると発表したことも、インド経済界に衝撃を与えた。GSPとは日本語で「一般特恵関税制度」という意味だ。インドのような途上国からの輸入に対し、関税を低めに抑えることでその途上国の経済発展を促進し、その途上国の国内需要の増大を促進する。すると結果的に先進国から途上国への輸出が増え、先進国の自国経済を豊かにする。こうした発想から設けられている制度である。

 トランプ大統領は3月、インドに対してこの制度を停止する旨を発表。同日、トルコに対しても同様の措置をとる方針を発表した。米中貿易交渉でいまだ目に見える形の大きな譲歩や成果を引き出せないトランプ大統領が、国内向けに成果をアピールする目論見があったとも推測される。

 これらの問題は、不透明で出口の見えない米中貿易戦争が生んだ「二次副産物」と言える。いや、インド経済にとってはマイナス効果があるので「とばっちり」と言ったほうが分かりやすいだろうか。日本同様、インドでも米中貿易戦争は米中2国間の問題ではなく、国内経済の趨勢を決める重要な要素になっているのだ。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 12:19
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年9月号
8月20日発売

定価540円(税込)

■特集「看取り」クライシス―多死社会が待ち受ける現実
■信用スコア 利便性の先に潜む「落とし穴」
■世界通貨を目指す「リブラ」構想の限界

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事