ここから本文です

【減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

5/23(木) 15:02配信

サライ.jp

写真・文/矢崎海里


雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスですね。

最近は、バーベキューで燻製にチャレンジする人も増えており、家電量販店では家庭用のスモーカーが人気です。
一見手の込んだものに見える燻製ですが、フライパンと網があれば、機械を買わなくてもおうちで簡単に作ることができます。

今回はフライパンで作る、おうち燻製レシピをご紹介します。

燻製のメリットは?

燻製は、食品を燻煙する調理法です。

昔は長時間かけてスモークすることにより、水分を減らし殺菌し、保存性を高めていました。

現在では風味を楽しむことが多く、スーパーでも手軽に燻製された食品を手に入れられる他、燻製専門店なども人気です。

燻製することにより水分が減り、食品の味をより濃く感じることができます。
そのため市販の物はしょっぱく感じることも。

しかし、手作りをすれば塩分を抑えることができるので、おつまみにもぴったりです。

燻煙材の種類について

燻製を作るために必要なのが「燻煙剤」です。
燻煙剤にはウッドタイプとチップタイプがありますが、細かくなっている「スモークチップ」を買いましょう。
ホームセンターなどで、1kg500円程度で販売されています。

使う木の種類により違った風味が楽しめるのも、燻製の醍醐味です。
簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。

サクラ:香りが強く、クセがある食材とも相性も抜群。羊肉や魚介類などに適している。
ブナ:スッキリした香りが特徴。魚介類などに適している。
ナラ:くせがなく、独特の渋みが特徴。魚介類などに適している。
クルミ:独特の渋みが人気。肉類、魚介類、チーズなどに適している。
ヒッコリー:欧米では一般的な燻煙剤で、香りが強い。特にベーコンやハム、サーモンなどに適している。

それでは、ここからいよいよおうちで作る燻製の方法をご紹介します。

おうちで燻製を作ろう!

【準備する物】
フライパン(傷みやすいのでできれば使い古した物を)
網・蒸し器など(フライパンに合った物)
ふた
アルミホイル
スモークチップ
お好みの食材

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 16:15
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事