ここから本文です

離婚理由が「自分の子供が欲しい」って許せる?磯野貴理子が夫に言われた言葉に既婚者も独身女子も唖然

5/23(木) 17:02配信

Suits-woman.jp

タレントの磯野貴理子さんがテレビのレギュラー番組で離婚することを公表したことが、世間を大きく騒がせています。芸能人の結婚離婚報告はさほど珍しいものでもありませんし、磯野貴理子さんは異性のファンの目を気にせざるを得ないアイドル歌手でもありません。ご自身も活躍している55歳の充分すぎる大人ですから、結婚しようが離婚しようがご本人の自由だといえます。しかも、今回2度目の離婚です。それなのになぜこれほどまでに注目を集めているかというと、離婚に至った理由が衝撃的だったからにほかなりません。24歳年下の(元)旦那さんから離婚を切り出され、理由を教えて欲しいと待っていたら、「自分の子供が欲しいから別れたい」と言われたんだそうです。

そのニュースがネットで流れてきたとき、失礼ながら元旦那さんが浮気かなんかをした相手に子供ができたのかと思いました。だって、この世に存在しないものを理由に、今目の前にいる愛する人を捨てられます? 

子供“なんて”授かりものです。そりゃ、女性55歳は医学の進歩によりたとえ出産できたとしても仕事と育児・子育ての両立はそうとうな負担となるでしょう。周囲でも「今から授かっても育てる自信がない」と38歳を前に子をもつことを断念した人だっているくらいです。なので、磯野貴理子さんは元旦那さんから離婚理由を聞かされたとき「自然なことだよね」と言ったそうですが、それが「子供を持ちたいと思う気持ちが芽生えるのは人として当然だよね」ではなく、「子供が欲しいなら、私はムリなんで離婚ってカタチが順当だよね」というのであれば、まだ救われるのですが……。きっと、公表したときの会話の文脈から読み取るに、前者なのでしょう。磯野貴理子さんは、24歳下の夫のわがままを許したのでしょう。

7年前、元旦那さんが磯野貴理子さんと結婚したのは24歳。まだまだ青年といえる年齢です。結婚したい気持ちはあっても子供のことなんて考えていなかった、いや、むしろいらないとすら思っていたかもしれません。でも、一般の男性が30歳を超えたあたりからそろそろ父親になりたいだのと思って結婚を視野にいれるようになるように、元旦那さんも31歳になって、気が変わったのかもしれません。まぁ、理解の範疇です。自然なことかどうかは別として、子供を持ちたいと思うのは本人の自由ですし。でも、自分が子供を持てるかどうかは話が別ですよね。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 20:43
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事