ここから本文です

サムスンのワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」は、高い性能とお手ごろ価格が魅力

5/23(木) 14:12配信

WIRED.jp

ここ数年のワイヤレスイヤフォンは、マンネリ化した状態にある。このコンセプトを推し進めてきたメーカーは、いまのところユーザーたちに大きな期待を抱かせながらも、いまだに十分な性能の製品を提供できていないのだ。

アップルの「AirPods」は現時点で最高の「完全ワイヤレス」イヤフォンと言えるだろう。しかし、見た目がちょっと微妙なうえ誰の耳にでもフィットするわけでもなく、音楽鑑賞に値するほど音質が素晴らしいわけでもない。

ほかのワイヤレスイヤフォンは、音質や接続、デザイン、再生時間など山ほどの問題を抱えている。サムスン初のワイヤレスイヤフォンだった「Gear IconX」シリーズは、これらのすべてに難があったことは否定できないだろう。

こうした事情を踏まえると、サムスンの新製品「Galaxy Buds」がなかなかよい出来であったことは驚きとも言える。Galaxy Budsは欠点こそないわけではないが、最も重要な部分ではよいパフォーマンスを見せてくれるのだ。

追加充電なしで最大6時間の音楽再生

完全無線のワイヤレスイヤフォンは、必ず2つのパーツに分かれている。左右2つのイヤフォンと、それをしまう充電ケースだ。ケースはできればないほうがいいが、イヤフォンの保護と充電の役割を担っているため、いまは我慢しなければなるまい。

サムスンのケースは、ゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless」といった競合製品よりも小型だ。大きさにして、だいたいファストフード店でもらえるケチャップのパッケージを3つ重ねたくらいである。XLサイズの卵を縦に半分に切ったくらいだとか、食べきりサイズのスナックバーの大きさといった言い方もできるだろう。どんなたとえをするにせよ、ポケットにすんなり収まることは間違いない(そんな話をしていたら、お腹が空いてくる)。

アップルのケースはAirPodsの音楽再生時間を19時間も延長させられる。これに対してGalaxy Budsのケースは、7時間分の電力しか蓄えられない。この差を補うべく、サムスンはイヤフォン1回の充電で6時間の音楽再生を可能にしている。

ケースはかなり頻繁に充電することになるだろうが、イヤフォン自体のバッテリー容量が大きいのは実に素晴らしい。他社製のイヤフォンの再生時間は多くが1回の充電につき3~4時間だから、この差はかなり大きく感じる。

Galaxy Budsをケースに入れずにアイドリング状態で机の上に放置しておいたら、ひと晩で50パーセント以上も充電が減っていた。これに対してケースにセットしておいた場合は、2~3日ほど使わなくても放電した様子はなかった。イヤフォンの電源を切るにはケースにしまうしかないということだ。このタイプのイヤフォンにはお決まりの制約である。

ちなみにGalaxy Budsには、ちょっとした秘密がある。ケースがワイヤレスで充電できるのだ。もしサムスンのスマートフォン「Galaxy S10」を使っているなら、その背面にケースを乗せることで充電が可能だ。大きな必要性を感じない人もいるかもしれないが、この機能がついていること自体は評価できる。また、充電ケーブルがUSB Type-C対応なのも使い勝手がいい。

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 14:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事