ここから本文です

トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

5/23(木) 18:40配信

ニューズウィーク日本版

<1500年以上の伝統ある相撲で椅子観戦にトランプ杯の授与。厳重警備で一般客にも影響必至の事態に批判的な声も>

ドナルド・トランプ米大統領が来日して大相撲を観戦する際、伝統的なスタイルである座布団ではなく椅子に座って観戦する見通しであることに、日本の伝統主義者たちは渋い顔をしている。

トランプは5月25日から4日間にわたって日本を訪問し、26日には東京の両国国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦。優勝した力士に自らの名前が入った「トランプ杯」を授与する予定だ。

だが1500年以上という相撲の伝統を重んじる人々は、トランプが椅子で観戦することに腹を立てている。トランプは土俵にも近い「マス席」。本来は座布団を敷いて座る場所に、椅子を置いて座る予定だ。

相撲ファンのトマモト・マサル(73)はロイターの取材に対し、次のように語る。「トランプ大統領が日本の伝統スポーツである相撲を観たいのなら、椅子に座るよりも、座布団を敷いてあぐらで観戦する方がいいと思う」

<それでも相撲にとっていいこと>

だが日本体育大学で相撲部の監督を務める斎藤一雄は、トランプの観戦は相撲にとっていいことだと語った。

「相撲は日本の伝統文化だ。大事なのは勝ち負けだけではない。だからトランプ大統領がその相撲に関わり、トロフィー(杯)を授与することは、いいことだ」

トランプの大相撲観戦には、警備をめぐる懸念もある。1万1000ある座席のうち8分の1近くが、トランプと日本の安倍晋三総理大臣、さらにその警備チームのために押さえられている。

観客は手荷物検査や身分証の提示などを求められる可能性があり、前方の客席ではビールの販売が禁止される可能性もあると英字ニュースサイトのジャパントゥデイは報じている。また毎日新聞によれば、場内で配られる急須と茶碗も、凶器になりうるので当日は使えなくなる可能性があるという。

トランプの来日にあたって安倍は、トランプとの良好な関係をことさら強調している。共同通信は日本の貿易当局者の話として、トランプと安倍は、自動車や農産品の関税引き下げをめぐる意見の相違を解決したい考えだと報じた。

またトランプは、5月1日に皇位を継承した徳仁新天皇と面会する、初の外国の首脳となる見通しだ。

(翻訳:森美歩)

ブレンダン・コール

最終更新:5/23(木) 19:09
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・20号
8/ 6発売

460円(税込)

【特集】パックンのお笑い国際情勢入門
世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事