ここから本文です

それでも中国が「5G時代のインターネット」を支配する、というシナリオの現実味

5/23(木) 19:11配信

WIRED.jp

スマートフォンから電気自動車まで、あらゆる新技術に欠かせない戦略的な金属や鉱物(リチウム、レアアース、銅、マグネシウムなど)の供給は、その大部分を中国が押さえているという話を聞いたことがあるかもしれない。2015年の時点で中国は、英国地質調査所が「経済とライフスタイルの維持」に必要と考える41元素のうち23元素において、世界トップの産出国だった。また、「入手できなくなるリスクが極めて高い」と同研究所が判断した10元素のうち、9元素を掌握していた。

わたしたちの生活が激変する? 「5G」がわかる5本のストーリー

だが、世界の大容量オンラインサーヴィスへのデータの流れについても、中国が世界の大部分を支配しつつあるという事実は知られていないだろう。こうした新しい産業は、人間と機械とを瞬時につなぐことを前提にしており、未来において仕事とチャンスをもたらすものになる。


[編註]本記事の原文は2019年2月に『WIRED』US版に掲載されたもので、中国企業に対するソフトウェアやハードウェアの供給停止の動きは考慮されていない。だが、中国政府による国境を越えた通信インフラ強化の動きや、これからの5G市場で起きてくることが専門家の見地から解説されている。

「一帯一路」と光ファイバーの関係

70カ国近くのインフラプロジェクトと投資プロジェクトを支える中国の「一帯一路」構想は、世界経済の4割に重大な影響をもたらすとされている。この巨大プロジェクトには、ユーラシア大陸を横断する多数の鉄道路線が含まれており、そこに光ファイバーケーブルもセットになっていることの意味は非常に大きい。

この光ファイバーによって、現在とはケタ違いに大量のデータを、遅延なくはるか遠くまで届けられる。調査会社のRethink Researchによると、中国政府は国内世帯の8割に光ファイバー接続を展開する計画も進めている。

光ファイバー網を構築するという中国の野心的なプロジェクトは、いくつかの重要な結果をもたらす。まず、ロシアおよび欧州との通信において、インド洋の海底を通る光ファイバーケーブルに中国が依存する必要がなくなる。インド洋の海底を通る光ファイバーケーブルは、米国の監視にさらされるおそれがあるものだ。

そしてもっと重要なのは、これらの広大な領域にまたがる巨大市場へのアクセスを中国が握るということである。中国やロシアと中央アジアとの結び付きは、さらに強まることになるだろう。

1/4ページ

最終更新:5/23(木) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事