ここから本文です

男性より女性のほうが現実的?イマドキ独身男女の結婚希望年齢と結婚までの交際期間

5/23(木) 18:31配信

@DIME

新元号という節目の年に「結婚」を意識し始めた人は多いのではないだろうか。楽天オーネットは、「結婚」という人生の節目をテーマに、いつその節目を迎えたいと思っているのかを含め独身男女にアンケートを実施した。

20代前半から30代前半の独身男女が結婚したいと望む年齢や結婚するまでの適正と考えている交際期間がどれくらいなのか、気になる調査結果を紹介しよう。

独身男女の結婚希望年齢と交際期間に関する意識調査
あなたは何歳で結婚をしたい(したかった)ですか?


まず、「あなたは何歳で結婚をしたい(したかった)ですか?」と結婚希望年齢について質問した。20代前半(20歳~24歳)では、男性の約6割、女性の7割が29歳までに結婚をしたいという結果に。そのうち24歳までに結婚をしたいという回答は、男性23.0%、女性21.0%であることがわかった。男性の4人に1人、女性の5人に1人は、20代前半のうちに結婚したいと考えていることが調査結果からわかる。

続いて20代後半では、男性の55.5%が30代前半(34歳)までに結婚をしたいと考えており、同じく女性では57.6%が30代前半(34歳)という結果となった。そのうち29歳までに結婚したいと考えているのは、男性27.5%、女性33.4%となり、男性の4人に1人、女性については3人に1人が20代のうちに結婚をしたいと考えていることが調査結果からわかる。



結婚するまでの交際期間は、どれくらいが適切だと思いますか?


次に、「結婚するまでの交際期間は、どれくらいが適切だと思いますか?」と質問をした。傾向として、「0ヶ月~1年未満」の回答結果が男性(22.4%)、女性(13.6%)であることからもわかるように、男性の方が短い期間が適切であるという傾向にあることがわかる。

また、20代前半では「2年~4年」の割合が男性(30.1%)、女性(37.3%)と高い割合をしめしているが、20代後半以降になるとその割合が低下するのはうなずける結果といえそうだ。

そして、選択肢の「その他(分からない)」の回答ボリュームが女性の20代後半以降の年代で大きくなるという事もわかった。

そもそも交際期間ということではなく、相手によって状況がちがってくるという回答が「その他(分からない)」に含まれていることが想定されるが、そうだとすると男性よりも女性のほうがより現実的であるといえるのかもしれない。

調査概要
調査名 :楽天オーネット 「独身男女の結婚希望年齢と交際期間に関する意識調査」
調査地域: 全国
調査対象: 独身男女20歳~34歳
調査方法:インターネットを利用したクローズ調査
調査日: 2019年3月22日(金) ~ 3月24日(日)
調査主体: 株式会社オーネット
サンプル数: 598人(男性:603人、女性:639人)

関連情報/https://onet.rakuten.co.jp/company/release/
構成/ino

@DIME

最終更新:5/23(木) 18:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年11月号
9月14日発売

定価980円

スマホ激変!
キャッシュレス決済 最終案内
グルメな調理家電&ツール39
特別付録 デジタルスプーンスケール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事