ここから本文です

バチカンが認めた「隠し子」マニュアルの存在

5/23(木) 19:12配信

ニューズウィーク日本版

内部文書として確かに存在

バチカンのカトリック教会を、再びスキャンダルが襲った。独身を誓ったはずの神父が子供を儲けた場合の対応について、秘密のガイドラインが存在してい ることを教会側が認めたのだ。

研究者夫妻が導き出した「幸せな結婚生活」の科学

ガイドラインの存在は、自身の生物学的な父親が神父であると知った、アイルランド人男性のビンセント・ドイルによって明かされた。心理療法士であるドイルは、自分のような神父の子供を助けるための支援組織を立ち上げた。そのドイルに、ある大司教がこのガイドラインを見せてきたという。この話を報じるに当たってニューヨーク・ タイムズ紙がカトリック教会に問い合わせたところ、教会側は内部文書として確かに存在すると回答した。

ガイドラインが呼ぶところの「聖職者の子供たち」には、神父と一般の女性もしくは修道女の間に生まれた子供もいれば、 レイプや性暴力の結果生まれた子供もいるが、その推定数すら明らかになっていない。ガイドラインは聖職者に対して教会を離れ、「他人を排して」子供を世話することを求めている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/eu-173.php

最終更新:5/23(木) 19:12
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-6・25号
6/18発売

460円(税込)

【特集】米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論
「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい